2019年08月29日

ヴィジェーヴァノを訪ねて

イタリアの広場については、
これまでいくつもブログに書いてきた。

中世以来、広場は相互扶助の精神を育み、
運命共同体の縮図であり、私より公を優先させてきた。

ヴィジェーヴァノという田舎町の中心に
忘れ得ぬドゥカーレ広場がある。

ロンバルディア地方の自治都市国家は、
歴代の神聖ローマ皇帝のイタリア支配に
ロンバルディア同盟で対抗し、

ルネサンス文化が花開いたイタリア内でも
諸国家が覇権を争い、フランスやハプスブルク家も加わり、
戦闘や駆け引きが繰り返されていた。

傭兵隊長だったフランチェスコ・スフォルツァが
ヴィスコンティに代わってミラノ公国を支配し、

ルドヴィコ・スフォルツァは、
レオナルド・ダ・ヴィンチやブラマンテなど
多くの学者や芸術家を長年庇護した。

ミラノのS・M・グラツィエ聖堂にある
ダ・ヴィンチの最後の晩餐や

tucasa_vigevano_8830_R.JPGヴィジェーヴァノに今も残る
堅牢な城門や城塞など、

芸術分野に限らず、
砲撃に備えた要塞や都市計画など
多方面で才能を発揮した。

ここはその後の戦争でも破壊されることなく、
馬と人が共存した中世の街並みと共に
ドゥカーレ広場が、ルネサンスの面影を今に伝えている。

ロマネスク建築で生み出されたロンバルディア帯は
その名のごとくこの地方発祥のデザインだ。

広場を囲む建物の軒高を3面揃え、外壁のデザイン、
ポルティコのアーチ、窓の形まで徹底した統一感、
その連続性とリズムは室内空間のようだ。

tucasa_vigevano_ 197_R.JPG残りの1面にあるドゥオーモは、
広場の縦軸とは
ズレて配置しているにも関わらず、

バロック時代に広場側を
広場の中心軸に合わせて、
しかも凹面の曲線状に囲んで、

まるで野外劇場の舞台を思わせる
魅力的な正面性を形成している。

このバロックの外壁は、
シンメトリーに4つの扉があって、
その中の一つが街路になっている。

建物の外壁が広場に形を与え、
曲線状に囲まれた広場と云えば、
ローマのサン・ピエトロ広場や

スタジアムの観客席の曲線のまま凹面の外壁で囲まれた
ナヴォーナ広場が思い出されるけれど、

廻りの建物の高さに対する広場の幅が
親密感、スケールの気持ちよさを生む。

低く赤い煉瓦屋根には、
塔のミニチュアのような様々な煙突が見える。

広場の地面には、室内の床に施された幾何学模様さながらに
玉石と花崗岩で敷かれた模様が、

この広場にアクセスする5か所の道へ繋がる
人の流れを作り出し、動的な要素を醸し出す。

時代の潮流、刻一刻と移りゆく情勢の中で
生み出された珠玉の場所。

人々の価値観の変容の中で、風化させることなく
守り抜いた誇り高き人々。

奇跡の星、地球に生かされているヒトの一瞬の輝きのように
永遠に変わらないためには、変わり続けなければならないのだ。



司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 20:04 | TrackBack(0) | 建築ツアー

2019年08月25日

渥美 noie 再訪

旧渥美町へ入るとミンミン蝉が聞こえてくる。

おおらかな海の景色と相まって、
海風の避暑地にでも来たかのような錯覚を覚える。

竣工以来何度か訪れているけれど、思いがけず
6年前の自身の熱意との対面は新鮮だった。

tucasa_atsumi noie_3207_R.JPG土と木と紙の素材感、
曲線と奥行の力動的な静謐さは、

日常の秩序を超えない
バッハの音楽のようで、

決して時間の中で風化することのない、
神話の原型のような普遍性があるようにさえ感じた。

今も変わらず綺麗に暮らして下さっているお施主様に
感謝の念が沸き起こる。

帰り道、三河湾に浮かぶ三角形のテトラポットに目が留まり、
デザインのインスピレーションをしばし展開させてみた。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 18:26 | TrackBack(0) | 現場

2019年08月24日

現場は生成と永遠の世界

現場が完成した今日、つくつく法師が鳴き出した。

今日吹いた爽やかな風は、仕上げ工程で駆け抜けた
猛暑の日々が遠い昔のようだ。

過ぎた現場での想い出は、ほろ苦さを伴いながら蘇る
青春を振り返るかのような懐かしさを覚える。

生というものも、一日の終わりに振り返る
懐かしさなのかもしれない。

tucasa_casa anima_3138_R.JPG今年の夏も現場でよく汗を流した。

シャツを色濃く染めて、仕事を誠実にこなす
職人さんたちの姿に頭が下がる。

掃除屋さんに至っては、二日間に亘って
元からの汚れまでも綺麗にして、
施主を喜ばせてくれた。

tucasa_casa anima_3150_R.JPG新しく生まれ変わった間取りも空間も
創作の過程の人為的な刻印を拭い去って、

既存の事物と昔から
共存してきたかのような自然に帰る。

建築の形態を変容させた彫刻的な立体感が、
動的でしなやかにカデンツァを奏で、

四声のフーガとなって昂まる
バロックのように思えた。

この立体的なデザインは、
仕上げ工程の職人達の心にも響いたのだけれど、

ヴァイオリンのレッスンに通うお子達をも、
今回の現場用のモックアップを見て、
興味を惹いて反応してくれたことを聞き、

子供の素直な感性にも響くものだと
新しい発見があった。

もっとも自分自身がお子達に負けないくらい感動したのだから。

司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活






posted by Koji at 22:12 | TrackBack(0) | 現場