2014年10月25日

青江下坂の歌舞伎

江戸時代、下坂の名刀はブランドだった。

下坂家は徳川家康から康の字を賜り、
刀に葵の紋を刻むことを許されたことから
青江下坂と呼ばれたとのことだけど、

この青江下坂が使われる歌舞伎がある。
歌舞伎に造詣の深いお茶の先生が教えて下さった。

t01990283_0199028313091465656.jpg伊勢音頭恋寝刀
(いせおんど こいのねたば)だ。

この十月に歌舞伎座と御園座(ビレッジホール)
二か所で公演された。

本当に集中して見入ってしまう。
役者さんの演技もさることながら、

鳴物の音楽、着物の柄、色のコーディネートなど
僕にとって見どころ満載でした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 00:58 | TrackBack(0) | アート
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104974682

この記事へのトラックバック