2016年03月20日

好きな曲を弾いた日

僕が弦楽曲の中で一番好きなもののひとつ、
モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジーク。

4楽章とも名曲だ。
今回は第1楽章を演奏させて頂く機会を頂いた。

革命前に作られた社交時代の音楽。

高いクオリティと親しみやすさ。
ひとつたりとも退屈なパートはない。

演奏者には洗練度と
音の軽さをとらえる技巧を求める。

弦楽器は弓で音色がガラリと変わる。
左手で音程を作り、
右手で音の軽さを表現する半飛びの弓のコントロール。

演奏は集中力だ。
呼吸を合わせ、始まったら止まらない。
他の奏者を注意深く聴き瞬間に反応しあう。

1458460252.jpg音楽は瞬間に生成され消えてゆく。
その瞬間にしか存在しない
1回きりの即興ライブ。

重なった音がハモり、
ユニゾンで揃った心地良さは
身震いさえ感じた。

貴重な一瞬を留めた写真を下さった方に感謝。

他にバッハのアリオーゾと
モーツァルトのキラキラ星変奏曲も弾かせて頂いた。

今日の子供たちには、
弦楽アンサンブルの楽しさを感じて、

より自分の楽器の修練を積む
新たな気持ちを抱いてくれたら嬉しい。

建築と同じで、日々研究。
生涯精進あるのみだ。

わずかずつでも成長したいという誠実な気持ちは
生み出す建築や音楽に反映してくるものだと思う。

五嶋みどりさんの言葉
「楽しみも苦しみもすべて音になる」


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活





posted by Koji at 16:40 | TrackBack(0) | 交流
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174558058

この記事へのトラックバック