2016年09月14日

お茶事を愉しむ秋

現場から帰る道すがら、日の暮れるのも早くなり
車窓を全開にすると涼しい秋の風が吹き抜ける。

秋の虫の鳴き声がする道を選んで。

月に一度月釜にお招き頂ける光栄に浴して
4年目を迎えているけれど、

仕事に明け暮れる日々の中で、この日だけは
他では味わえない贅沢なひとときに身を置く。

お茶席にて季節を五感で味わう総合芸術は、
日本人の繊細な感性や精神性、美学まで詰まっている。

先月のお茶事は、お茶碗をはじめ
すべてガラスのお道具立てという
めったにお目にかかれない景色の中、

冷たいものを頂かなくても
こんなにも涼しい気分になるものかと感動した。

今月の重陽の節句のお茶事は、亭主のお着物から
お菓子、お菓子器に至るまで、菊づくしのお道具立てで、

毎回亭主のおもてなしの尊いお心がひしひしと伝わり、
頭が下がる想いになるのでした。

江戸幕府から始まった五節句の風習では
植物(重陽の節句は菊)が邪気を祓うという

無病息災の願いも込められている。

京都平安堂さんの表装によるお掛け軸は、
大徳寺住職の揮毫「掬水月在手」

重陽の節句のお茶碗にて最後にお出し下さったお白湯に
中秋の名月を妄想して浮かべてみた。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 01:08 | TrackBack(0) | お茶
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176873381

この記事へのトラックバック