2016年11月04日

現場は最終章へ

常任指揮者の僕としては最後のフィナーレに向かって
これまで積み上げてきた集中力で
職人合奏を指揮している。

毎朝現場までの車中は、ヴィヴァルディの四季♪

今年のクリスマスにチェロで参加することもあるんだけど、
テンションが上がる。

1478266373.jpg現場は薪ストーブと煙突を設置して、
スイッチ、コンセント、ライトを取り付けて、
現場に照明が灯った。

大工さんが残りのテーブル2つとソファ台、
ベットの組立て、階段の手摺、タオル掛け、
全て壁や家具と同じ木で製作した。

1478266442.jpg
建具屋さんが引出の取付け、
エアコンガラリ、建具の吊り込み。

それに塗装屋さんがオイルフィニッシュ塗り。

掃除屋さんにガラス窓を中心に
掃除してもらって、

ガラス面にあらかじめカットしておいた
電磁波防止フィルムを貼ってもらった。

最近は、銀行通帳やカードの磁気が
壊れるケースが急増していて、

携帯電話をはじめ空気中の電磁波放射量が
格段に増えているのが原因という話を
行員の方から聞いた。

外国人観光客の拡大に向けた街の無料公衆WIFI化や
交通網など街に出たら電磁波に晒される世の中で、

避難場所としての住宅を考えなくてはならなくなった。

1478266506.jpg今週は胡桃割り人形の第2幕のようで、
職人が帰った後、毎日掃除と
翌日の現場の準備で、

先週末から今週もずっと
現場に張り付いている。

実は僕も一奏者でもあり、ワーロンシートを
カットして、曲げ加工を施し、貼り込んだ。

1478266411.jpg最上階のテラスから大都会を眺める以外は、
閉じた建物なんだけど、

壁を隔てた内部は街にはない大地から繋がる
自然の息吹を感じて、外の喧騒を忘れる。

お施主さんの好きな山のエネルギー、
山の空気を感じてもらえる空間。

職人さんが、頭の中でどう考えたら
こんな建築になるのかって聞いてくれた。

確かに頭の中で考えたことが現実になるんだけれど、

「建築家は建物を使う人、
そこに住む人の気持ちを汲み取ることに尽きる」

急に冬が到来したような一週間っだたけれど、
家に帰ると暖炉に火が揺らめいていた。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活






posted by Koji at 22:55 | TrackBack(0) | 現場
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177538089

この記事へのトラックバック