2016年11月18日

現場は時間と空間を超える

紅く染まった山々を車窓から楽しみ、現場へ着くと

僕の愛する建築が美しい石積みを纏って、
大地の上で出迎えてくれた。

1479471510.jpgすっかりこの場所に
馴染んでいるように見える。

鳥たちが自分たちのために
世界が時間と空間を
用意しておいてくれたことへの

喜びと感謝を歌うように、

僕はこの感動の時空を胸に刻み、
地霊に感謝と引き続きの祝福をお願いした。

この石はある山で採れた貴重な石で、
今では採掘が禁止になっていて、
文字通り最後の石なのだそうだ。

1479471547.jpg貴重な石はこの建築がある限り
語り継がれることだろう。

そして石積み職人は有名な腕利きで、
ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、
世界中から呼ばれるとのこと。

彼の仕事は一日に一坪しか進まない。

場面場面で素敵な遊び心とリズムを取りながら
その場所に相応しい形の石を見付け出し、

時に加工し、形造っていった仕事の跡は
見る者を釘づけにする。

写真に収めたい衝動に駆られた僕の脚の上で
橙や黒のてんとう虫たちが、
羽根を広げたりしてずっと踊っている。

1479471577.jpg茶色がかったグレーの石。
窓廻りの造形イメージ。

素材の質と色でこの建築のクオリティが決まる。。。
色々お伝えしたけれど、

監督がこの職人を人の紹介を通じて
引っ張ってきてくれたことは、
思いがけない幸運な出来事だった。

シモサカサン、このデザインの発想は
精霊が降りてきたのか、と監督が聞いてきた。

それはどうかわからないけど、
この土地に立った時、
四角いグリッドじゃないって直感したことは確かだ。

1479471631.jpg建築はどうしても自然にはない
直線になるのだけれど、

幾何学で自然に少しでも
寄り添いたいと想っている。

この図面を見た時、今まで見たことのない
面白そうな建築だと思ったけど、

いざ施工してみると大変で逃げたくなった、
と笑いながら語る監督の表情は
前回よりも緩んでいる。

監督は続けた。
この建築が完成したらたぶん
シモサカサンと同じ気持ちを味わえると思う。

まだまだ内装、建具、設備、家具と来年まで現場は続く。

1479471681.jpg図面を読み切れていない部分を
再度説明したり、
ひとつだけ手直しもお願いした。

浴室の壁、浴槽廻り、床のスノコも図面通り
クレームを恐れず木でやってほしいこと。

ストーブの煙突の施工、キッチンの屋根排気、
トップライトの通気ガラリ、建具と硝子、
マーモリウムの施工、家具の共通納まり。。。

色々お伝えして、完成は楽しみだけど、
早く終わってしまうと淋しくなる、
そんな現場をあとにしたのでした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活










posted by Koji at 21:23 | TrackBack(0) | 現場
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177717299

この記事へのトラックバック