2017年02月26日

坪庭のメンテナンス

先日友人の庭師と坪庭のメンテナンスに伺った。

独立当初から僕の庭や外構工事はすべて彼の手掛けたもので、
僕は彼の庭が好きだし、一緒に仕事していて楽しい。

西欧の回廊から眺める中庭や
石の舗装と石の外壁で囲まれた広場の景観に感動するけれど、

日本には京都の中庭をはじめ大徳寺孤蓬庵忘筌、
築地塀で囲まれた竜安寺の石庭など

日本の先人たちは、内にいながら外部の自然との連帯感、
内から外部を眺める景観を重要視してきた。

ここは華道家のための外部空間に花を飾るための庭だ。

tsuboniwa_R.JPG三角形で囲まれた空間で思い出すのは、
イタリアのサンジミニャーノに
井戸を囲んだ広場があるんだけど、

ここでは三角形の庭に
花を飾るための台となる石を置き、

統一した素材の壁で囲うのではなく、
竹と杉皮で陰陽を表現し立体感を

地面には起伏を造り曲線を描いて、
狭い空間に奥行と広がりを出している。

地苔が自生して、緑が人の心を和ませ憩いを与える。

先日の積雪で銀世界の庭が美しかったそうだ。
これから芽吹いて樹々が青々と茂り木陰を作って、

秋には葉っぱが色付いて、
四季折々の景色を楽しませてくれることだろう。

昨今の日本の外部空間は、化学建材やフェイク材料が氾濫して、
無神経な野点看板など自然の景観に異質なカオスを形成している。

美しい歴史的な街並みを形成しているところは、
それぞれの土地固有の自然素材と、気候風土に適した工法で造られ、
特有の色彩と味わいがあるものだ。

高温多湿の日本での自然素材は、
古美て朽ちていくのが自然で、移ろうものなのだ。

自分たちの大切な領域を愛着を持って手を掛け続ける作法と
精神哲学は失ってはならない。

建築や庭は技術を越えた文化の表現なのである。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 20:46 | TrackBack(0) | 現場
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179177774

この記事へのトラックバック