2017年04月15日

イロハモミジとの旅2

旅のお供、葉山のいろはもみじは
舞台正面の座席の僕の足元だ。

ナタリーデセイをコンサートホールで聴く
いろはもみじもそうはいないだろう。

私は歌う女優です、と云うデセイ。
今回は様々な個性を持つ女性たちの恋を歌う。

音楽の流れや言葉のつながりまで何度もリハーサルを重ねて
熟成させたプログラムとのことだ。

よく楽器の演奏で歌うように弾くっていうけれど、
音楽の流れに言葉を乗せて心を表現する。

外国の言葉はわからないけれど、歌い始めると
ガラッと世界を変えてしまう。

絵画でも工芸でも建築でも
画像と直接観ることの違いは
あまりにも大きいけれど、

空気を伝わって直接響いてくるデセイの歌声は
異次元のものでした。

コロラトゥーラの華麗な技巧もさることながら
ピアニッシモの繊細で伸びやかな歌声は圧巻だ。

僕は、フィフス・エレメントの中でオペラを歌う場面の
ブルース・ウィリスのあの表情が頭に浮かんだ。

いい演奏にはいくつかの要素があると思うけれど、
一番は音そのものの美しさだと思っている。

デセイの歌声そのものが美しい。
日本的に言えば人間国宝だと感じた。

それとピアノのフィリップ・カサールが良かった。
最初のモーツァルトから引き込まれて、
まるで言葉を歌っているような演奏だった。

音楽を肌で堪能した特別な夜でした。

houshun 232_R.JPG筋書きのない旅は
まだまだ書きたいこともあるけれど、

いろはもみじは
僕のアトリエの木陰で
ひっそりと佇んでいる。



司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活


posted by Koji at 20:38 | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179448942

この記事へのトラックバック