2019年03月28日

スペシャルツアー in Kyoto 2

閑居の木漏れ日の木立の中を
起伏に富んだ苔生した庭の飛び石を歩いて、
もう一つの小高い築山にある飛濤亭へ。

tucasa_ninnaji_2500_R.JPGここはかつて、民衆のため幕府にものを申し、
幕末の尊王思想に大きな影響を与えた光格天皇が、

プライベートを楽しまれたという
葛屋葺き入母屋の田舎家風の素朴な茶室で、

庇は杮葺きになっていて、
外壁は弁柄を混ぜた土壁で、
躙口の代わりに貴人口になっている。

月を表現したという丸い下地窓に刀掛けが、
雲のように重ねたデザインになっていたから
月夜の晩の風情も楽しまれたと想像する。

内部は滋味深い錆壁で、
天井には真行草の趣向が凝らしてある。

風雅な精神性の中にも、自然の中に庵を結んで隠棲する、
田舎への憧れを感じる。

まもなく新元号が発表され、
光格天皇以来200年ぶりの生前退位が行われる。

悠久の昔、仁和寺の辺りは松の疎林に覆われて、
小松野と呼ばれ、天皇が鷹狩をした場所らしい。

古今和歌集に
「君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ」と

大切な人の長寿を願って春の野草を摘んだ、
光孝天皇が詠んだ場所でもある。

「徒然草」を書いた吉田兼好もこの辺りに隠棲してたから
仁和寺の和尚さんが身近だったのだろう。

続いて西芳寺庭園へ。

tucasa_saihouji_2555_R.JPG水を張った池の廻りを回遊する
静寂の苔の世界に影向石(ようごういし)、
鶴島、三尊石、亀島と

自然石が織りなすリズムと
厳しさを持った景色が
歩く度に展開していく。

舟で島々を伝い、蓬莱山を眺め、
はるかな海を渡って島国に辿り着いた先祖の
壮大な冒険の物語を紡いでいるようだ。

江戸時代の2度の洪水を経て、
西日が木漏れ日でしか当たらない地形が
江戸末期から苔を群生させた。

幕末に岩倉具視が湘南亭に隠棲していたらしいけれど、

幸運にもこの孤独と瞑想の別世界で、
鳥のさえずりと山を渡る風の音を
満喫するひと時を味わえた。

僕は今回で3回目だけれど、あのスティーブ・ジョブズは、
お忍びで家族とよく訪れていたと聞く。

tucasa_saihouji_2524_R.JPGさて、向上関から洪隠山に登る石段は、
地球のダイナミズム、
岩が瓦解した表情を醸し出していて、

よくあるリズムと強弱の
人の創意を感じさせない見事さがある。

開山堂への石段も岩が割れて崩れた自然の景色を見せながら、
機能と景石を巧みに織り交ぜる妙があった。

地面から岩が隆起してきた様や
かつて水に流されて自然にできた枯滝の風景など
見事な石組みの枯山水に釘付けになる。

最高の僧侶に贈られる「国師」の尊称を持つ
禅僧の夢窓疎石によって室町初期に作庭されたこの庭には、

鎌倉から南北朝、室町に至る殺戮の時代の無常感、
浮世を捨てて自然を伴侶とする思想が流れている。

足利尊氏もここを訪れ、3代足利義満が西芳寺にならい、
鹿苑寺(金閣寺)を創建し、8代足利義政が西芳寺と鹿苑寺にならい、
慈照寺(銀閣寺)を創建したのは有名な話だ。

最後にその銀閣寺へ。

tucasa_ginkakuji_2601_R.JPG草庵茶室の源流、書院造りの始まりである
東求堂は、すでに2度見ているけれど、

アヴァンギャルドな銀沙灘と向月台は、何度見ても
現代におけるモダンアートの表現として
新鮮な発見があり、心に訴えかけてくるものがある。

山と湖に月。それを砂で抽象表現し、
虚と実の対比によって、
劇的な芸術空間に置き換えた。

tucasa_ginkakuji_2606_R.JPG東山の自然空間に巧みな反自然の精神で、
石積みと銀閣寺垣の上に

高い壁のように刈込まれた椿の生垣も
芸術的な明快さがある。

万葉集に詠まれた馬酔木(あせび)が満開の東山で、
今回の旅を振り返る。

いつもと変わらないということが、
いかに幸せなことかを噛み締めつつ、

小春日和の陽射しが、光と影の立体感を
我々の前に見せてくれたことに感謝して。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 15:52 | TrackBack(0) | 建築ツアー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185777335

この記事へのトラックバック