2019年07月15日

司建築工房19周年

今日は僕の独立記念日だけど、海の日でもある。

法律では、海の恩恵に感謝する日とされていて、
国民の祝日としているのは世界中で日本だけだという。

地球で最初の生物が誕生したのは海の中だった。
海はすべての生命の母だ。

海は地球の雨量を調節したり、大量の二酸化炭素を吸収して、
気温を一定に保ってくれる。

海の中のサンゴや貝殻が二酸化炭素を蓄積し、
命を支えるプランクトンなど様々な生物が食物連鎖によって育まれ、
バランスのとれた生態系が営まれている。

世界で最も生物多様性に富んだグレートバリアリーフが
2016、2017年で半分死滅したことがネイチャーに発表された。

真夏の満月から数日後の夜、
海中に大量の雪が舞うごとく行われる集団繁殖も
海水温の上昇によって危機的な状況で、

10数年後には世界中のサンゴ礁がほぼ完全に死滅し、
再び回復するには何千年もかかるという。

サンゴが住めなくなると、大気中の二酸化炭素が益々増え、
二酸化炭素は熱を蓄えるから、地球の気温は益々上昇する。

海面の水温の上昇がエルニーニョ現象をもたらし、
世界中で異常気象が頻発する。

温室効果ガス等すべて、
現代人がその原因を作っているし、
その現実を直視しようとしない。

tucasa_palette_3001_R.JPG30年後の海は、海洋プラスチックゴミの重量が
海にいる魚の重量を上回る。。。

海の恩恵、そんなことを思いながら、今日は朝から
間仕切り壁にドアを付ける仕事に出掛けた。

tucasa_palette_3005_R.JPGツーバイフォーのお宅で
下地の状況は開けてみないと
わからない状況だったけれど、

発注したドアがドンピシャ
下地間でギリギリ納まるという
ささやかな感動を味わった。

「日頃の行いがいい」だね、と
令和になって言われたのは、これが2度目だ。

tucasa_palette_3013_R.JPG今日は大工さんのおかげ。

これから20周年に向って、
自然が造り出した豊かな生態系のように

拘わる人達と恩恵の念を忘れず、
自身の誠意を尽くしていきたい。

「住みにくい所をどれほどか、寛容(くつろげ)て、
束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。
ここに建築家という天職が出来て、使命が降(くだ)る。

あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、
人の心を豊かにするが故に尊とい。」

司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 18:15 | TrackBack(0) | 日々の仕事
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186277131

この記事へのトラックバック