2009年09月23日

ジュゼッペ・ペノーネ展

ジャック・デサンジュパリで修業した
美容師の友人がジュゼッペ・ペノーネ展の
チラシを持ってきてくれた。

gp_pic01.jpg自然の素材感と造形力のある写真を見て
これは見に行こうと決めていた。

建築でも本物の素材感は
人に訴えかける力がある。

アカシヤのトゲ。
大木の表皮を写し取ったブロンズの鋳造。

黒いカンヴァスに黒鉛。
動物の皮革。茶葉。

建築空間にはあまり使われない素材たちは
すごく刺激的で、

自然の一部である人間が
文化の違いを超えて共感でき、

自然が創り出す造形力の迫力、
偉大さを感じた。

モダンな空間に自然の造形。
自分もいろいろ実験したくなる。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 00:54 | TrackBack(0) | アート
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32384322

この記事へのトラックバック