2009年11月24日

浜松国際ピアノコンクール2

今回このコンクールを通じて、
いろんな方との出会いを頂いて、
大変有意義な日々を過ごすことができた。

100_0133.JPGこんなにいろんな方のピアノ演奏を
集中して聴き入ったのは
初めてかもしれない。

芸術には人を感動させる
共通した手法・エッセンスがあって、

それらを組み合わせてリズムや強弱、バランスなど
音楽や絵画、写真から学ぶことが非常に多い。

100_0169.JPG・・・なぜ感動したのか分析する癖のある僕は
音楽をより深く味わえるようになって、

改めて自分のコレクションの
CDやDVDを聴き直すと

気づきがあり、インスピレーションを受ける。

100_1205.jpgピアノという一つの楽器から
オーケストラやオペラのような多彩な音が、

ポリフォニックに重なった時の
遠近感や立体感・・・。


そこには必ず曲の構成など
伝えたいパーソナリティーがある。

今回優勝した奇跡の15歳、
2次予選の時、才能というものに
初めて出会った。

100_1208.jpg皆さん、舞台での演奏する姿の大きさと
舞台を降りた時の年相応の
ギャップは魅力的だった。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 09:30 | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33913259

この記事へのトラックバック