2010年11月22日

紺 position の現場2

PB194267_01.JPG特注のトップライトの施工も終わって、
外壁面に透湿防水シートを
ブチルテープを使って丁寧に貼っていき、

胴縁を取り付けて、
サッシ廻りの見切り板金や

特注のアルミ庇も取り付けて、
外壁を張っていく。

クライアントに仮張りしたものを
実際確認してもらって、
ご夫婦で気に入って頂いた。

PB182689.JPG外壁材のガルバリウム鋼板の形状が、
空気層を兼ねていて、

軒天部分の胴縁をひと工夫することで
軒天通気と繋げている。


内部では1F床の断熱工事。
大引の上下にシートを二重貼りして

その間にセルロースファイバーを吹き込む。

床を伏せたら、壁の断熱施工前に
外周部の電気配線・ボックス付け。

PB204312.JPG段取り良く
断熱屋さんが
屋根断熱のシートを二重貼り。

大工さんの天井下地と
交互に連携を取りながら
壁のシート貼りも行った。


吹き込みをして、内部空間をぐるっと
セルロースファイバーで包んだことになる。

その後も現場に付きっきりで
電気配線・照明計画を伝えて、
クライアントとも現場で再確認してもらった。

PB224325.JPG窓枠・建具枠の詳細図を描いて、
大工さんに伝えて、枠材を発注した。

こうしてTUCASA流の空間になっていく。



司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 23:40 | TrackBack(0) | 現場
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41844338

この記事へのトラックバック