2010年11月27日

季節を味わう

PB064091.JPG庭の椿が咲き始めた11月、
旧暦の10月(亥の月)は
冬の始まりということで、炉開きには、

先生がぜんざいを振舞って下さった。
お正月のようなハレの日だ。

DSCN0437.JPG先生が僕のハレ姿を撮って下さった。

普段はあまり和菓子は食べないけれど、
お茶のお稽古の度に出されるお菓子で
季節感を頂いている。

お床のお掛物やお道具を通して
日本の季節感を味わう。

日本には繊細な季節感や暦があって、
自然の移り変わりを味わうだけで
心が豊かになる自分を発見するのでした。

炉の灰の中にほっこり
オレンジ色に燃える炭火を眺めて、

釜の湯が松風のように音を立てて煮える
この季節も気に入っている。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 21:24 | TrackBack(0) | お茶
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42061383

この記事へのトラックバック