2011年01月23日

紺 position の現場7

仕上げ工程に来た職人さんが皆口をそろえて、
「見違えたのん!!」

いつも現場は和気あいあいと、
それでいて、いいものを作ることに真剣で、
徐々に考えたことが形になってゆく。

P1234734.JPG塗装屋の吉村さんが残りの
細かい塗装だけに来てくれた。

家具職人による現場でのメラミン貼りも
杜noieに引き続き、綺麗な仕上がりだ。

地元の水道屋の水谷さんとも気心が知れてきて、
色々快くやってくれている。

洗面台、トイレ手洗いの取付、キッチンの接続、
エコキュートの設置が終わった。

P1234739.JPG電気屋の平田さん・浅見さんコンビも
外部に電柱が建ち、一次幹線の引き込みをして、

内部では換気扇・火災報知機・
プレート類・照明器具を取り付けていく。

P1234742.JPG建具屋の松井さんが
内部建具の吊り込みをしたら
空間に品格が加わった。

現場を掃除して、
養生をきれいに剥がしたら、

久しぶりに見る栗の床材の生命感に感動した。



司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活


posted by Koji at 23:15 | TrackBack(0) | 現場
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42873217

この記事へのトラックバック