2009年02月20日

ロンドン巡礼1

世の中に嫌気がさしたら、ヒースロー空港へ。
ここには愛の光景がある。

Love actually is all around.

大学時代の懐かしい友人が到着ゲートで迎えてくれて、

DSCN0897.JPG4日間つきっきりで
ロンドンを案内してくれた。

漬物、梅干し、切干大根を
持って行ったら、
大変喜んでくれて、

Joeさんは僕達の訪問のために、
お米や味噌などの食材を調達してくれてて、

毎朝ごはん(イタリア米)と地元のジャガイモとわかめの味噌汁、
ひじきの煮物など和食を振舞ってくれた。

ロンドンで頂いた和食は一生忘れないだろう。

DSCN0908.JPGJoeさん宅のアパートメントは
築150年のビクトリア調に
一部エドワード調が混ざった造りで、

内部はきれいにリフォームされてて、
各部屋はセントラルヒーティングで暖かく、
天井高が3,150もあってで気持ちいい。

しかも窓の金具等は当時のままで、味がある。

イギリスでは建物はめったに壊さずに、
外壁は足場を掛けて修復して、
内部は何度もリフォームする。

DSCN0922.JPG築150年の赤レンガの高級住宅街が
すぐ裏通りにあって、毎朝散歩した。

煙突から食卓の湯気と暖炉の煙が出てて、
メリーポピンズを思い出した。

次回へつづく。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 23:56 | TrackBack(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44263740

この記事へのトラックバック