2012年03月03日

ひな祭りのお稽古

何週かお休みして、今日は求めるように久々のお稽古。

「家は漏らぬほど、食事は飢えぬほどにして足ることなり。
是、仏の教え。茶の本位なり。」(利休)

侘び茶の清貧を重んじる日本人の美意識に浸るひと時、
今日はたまたまひな祭り。

OT1203032.jpgお道具が平安・室町の貴族文化の趣で、
雛飾りの絵柄茶碗で一服。

この並びは京都だ。

十二単の重ねの色目で季節感を表現した。


OT1203031.jpg
菱餅は、雪の下から緑が芽ぶき
桃の花を咲かせる
春の訪れを表現している。

お茶器は「貝雛の中棗」。
お茶杓は「笛の音」。

今日は先輩が「唐物」のお点前をされたので、
お客として唐物の扱いをさせて頂いて

より一層室町文化に浸れた一日でした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 23:18 | TrackBack(0) | お茶
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54401126

この記事へのトラックバック