2013年08月26日

大峰山修行へ

昨日は尊敬すべき阿闍梨の方の先達で
大峰山修行をしてきた。

滝行で身を浄めた後、いよいよ入山。

「一度死ぬ覚悟はおありか」と問われ、
「請けたもう」と応えた。

すれ違う人と「よう詣り」と
一期一会の心を通わす。

1208746_213890432106539_446443994_n.jpg 山頂付近の霧雨と強風の中、

切り立った岩に張られた鎖に掴まってよじ登る時は、
これが「修行」かと思って緊張感が全身を包んだ。

岩は濡れてて滑りやすく、
手が滑ったら大怪我は免れない、

同行して下さってる皆さんに迷惑がかかる、、、

いざ濡れた鎖を必死に握りしめ、
選んだ足場を目掛けて

右足を大きく振り上げ、
腕の力を振り絞った。

あとは必死でよじ登って岩の上に辿りついた時、
足がガタガタ震えてた。

肩に命綱をつけて岩の下を覗き込む修行は、
後ろで引っ張ってくれる皆さんを信じていたので、

気持ち良かった。

合掌しながら見た景色は、
翠の海に微かな霧がたなびいていた。

今僕の両足は心地良い筋肉痛だ。
自分は若いなーとほくそ笑んでしまう。


司建築工房


♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 22:20 | TrackBack(0) | 私ごと
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74465308

この記事へのトラックバック