2013年12月15日

今年最後のお茶事

今年最後を締めくくるクリスマスのお茶事は感動的だった。

和敬清寂の「わび」の美意識を表現する茶の湯と
ファンタジーなクリスマスの世界観との融合にしばし言葉を失う。。。

1473019_521049817992937_483650214_n.jpg大徳寺太玄和尚に特別書き下ろして頂いた「聖夜」のお詩や

メルヘンなクリスマスを描いた
洋画の水指。。。


今は亡き先生のお父上が、
70年間に亘って集められた
品格と可愛らしさを備えたお道具たち。

生前は常に穏やかな方であられたと云う。

先生がいつも帰りにおっしゃられる
「ごきげんよう」というご挨拶を改めて噛み締める。

自分の機嫌を良く保って、
好きなことに没頭されたお父上に想いを馳せて。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活


posted by Koji at 21:39 | TrackBack(0) | お茶
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87431202

この記事へのトラックバック