2016年10月21日

家具が生まれる現場

金木犀の薫りを風が運んでくれる秋の現場では、
日々大工さんが造作家具を手掛けている。

1477015816.jpg床と壁と天井で囲まれた空間を
創造するだけでは、

施主のことを考えた
建築家としての仕事とは言えない。


施主が望む以上の、機能的で快適な暮らしを提供したいから

考え抜いた寸法で、
内部造作も家具も一貫した文法による
素材とデザインで設計してある。

この現場では22個の家具が作られるのだけれど、
家具は建築と調和したものでなければならない。

照明も壁と天井と一体化して一部となる。

1477015701.jpg僕は、しょっちゅう現場に出向き、
大工さんのそばにいて、
完成形の納まりを助言している。

傍らで大工さんの仕事を見ていると
ひとつの部材ごと、水平、垂直、際を揃え、
強度と美しい仕上がりを考えながら、

ひと手間ひと手間作り上げていく仕事に
有難さで胸がいっぱいになる。

1477015744.jpg生命力のある素材で統一された現場では
職人さんも魅力的だ。

内部空間と全ての家具が調和した生活は、
素材への美と尊厳を感じ、自分たちの環境に
誇りと感謝を抱くことだろう。

1477015783.jpg

今、ソファと椅子の張り生地を海外から取り寄せて、
世界にひとつのソファと椅子を製作する。

誠実な仕事が誠実な環境を生み、
誠実な人の人生を助けるのだ。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 11:11 | TrackBack(0) | 現場

2016年10月06日

現場はモチベーションの源

人が愛着を持つのは形あるものだけではない。
感動しながら描いたアイデアこそ愛着がある。

CADからアイデアが生まれるわけではなくて、
敷地を取り巻く環境から生まれてくるのだけれど、

大陸の山の中腹にある高低差に富んだ敷地には、
直角ではなく斜めのグリッドで作り出される建築が馴染むと直感した。

1475746177.jpgそしてプランを練り上げ、
構造から工法など、
自分の考えた建築が、

海外の地に海外の職人の手で、
おおかたのフォルムが形作られた。


1475746003.jpg鳥が自然に歌いだすように
素直に自己をゆだねていると

色んな場所からこの建築を眺め、
感動の波が打ち寄せてくるのでした。


1475745839.jpg職人さん自らが、
清浄な山でしか採れない

風の音と朝露だけで育つ
貴重な食材を採取し、
差し入れてくれたのも感動した。

皆で囲んで、秋の平穏な気で満たされる。

食事を共にしながら監督さんが、
こんな面倒な建築はこれが最初で最後だ。

1475745922.jpgでもこの建築が完成したら、
めったに見ることができない
美しい建築になる。

個人的な物件でなければ、
何かの賞がもらえるのは
間違いないだろう、と云った。

またある方が、シモサカサンの芸術作品は
お金では買えないものだ、と言って下さった。

1475748499.jpgこういった言葉こそ僕にとって
お金では得られない価値がある。

関わる人たちから愛情をかけてもらえること、
慕ってもらえることは、異質の喜びだ。


この愛する建築はここからが面白い。

1475746090.jpg五角形の屋根を葺き、外部に石を積み、
多角形の内部に木を張り、
石を積み、土を塗る。

そして土で床暖房を作りながら床を仕上げ、
建具や家具をすべて木でつくる。

暖炉と煙突もつくだろう。

1475745738.jpgここにこのまま滞在して
しょっちゅう現場にいたい気分だけれど、

納まりも作り方もお伝えしたから、

監督さんはじめ職人さん達に
引き続きお願いして、

この度の経験で得た
秋の収穫を持って日本に戻ります。

1475746277.jpgまた来月の現場を楽しみに。

この建築が完成した時、
大自然の延長として生命感のある

魂の愛を語りかけてくるとすれば、
それは作品と呼んでもいいかもしれない。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 20:05 | TrackBack(0) | 現場

2016年09月21日

足の裏で幸せを感じる現場

世の中に花から生まれる床材がある。

初夏に青い亜麻の花が咲き、
咲いた後の種から亜麻仁油が摂れる。

そして亜麻仁油はリノリウムの原料になる。

亜麻仁油にコルク、木粉、石灰岩を混ぜ圧着して、
長尺床敷材リノリウムが作られるのだ。

1474466115.jpg裏にはジュートが使われ、
素材に柔軟性を与えるため

石油化合物ではなく、
松の樹液が使われている。

現代のコピー&ペーストのプリント技術では
表現できない天然の柄は、

バッハの音楽のようにリピートがなく、
生成を続けて飽きることがない。

そしてマットな色彩も魅力的だ。

合成顔料や重金属を一切使用せず、
天然色素で色付けされているからだ。

1474544205.jpg今残念ながら日本には、
石油系のビニール床材しかなくて、

床の長尺材で天然のものを扱うメーカーは
なくなってしまった。

昔は郵便局や百貨店などの床に使われていたけど、
東京丸の内ビルに土足遣いで、
すでに60年使用経過しているものがあって、

その耐久性は実証されている。
医療施設などの実績でもクレームがないようだ。

抗菌性、清掃性にも優れ、100%土に還る。

元々土足の文化ヨーロッパで生まれたリノリウムだけど、
素足の日本の家屋にも使わない手はない。

転倒時の衝撃吸収性に優れているし、
とにかく足の裏が気持ちいい。。。

ちなみに亜麻の茎の繊維からリネンができるんだけど、
人類最古の繊維で、ランジェリーの語源にもなっていて、

1474616884.jpg肌に優しくサラッとして、
コットンやシルクに比べて、
吸水性・発散性に優れている。

繊維の中には空気が含まれているから
保温性もあり、オールシーズンに適している。

リノリウムも湿気の具合で色の濃淡ができるほど、
確かに呼吸していて、下着のような心地よさがある。

施工はやはりビニール床材より曲りにくいから、手間はかかる。

今回は暖かい季節だからよかったけれど、
冬にはトーチであぶりながら、
ならすのにも時間がかかる。

今回も狭いトイレの床だけは
型を取ってカッティングしてから貼った。

壁を傷付けるからだ。

1474544265.jpg想像した通り、木との相性は抜群だ。

天井の木の流れに合わせて、床も長手方向に
目地を堀り、溶接でラインを作る。

掃除と2度目の床養生をして
また真っ新な現場になった。

床が浮いている箇所発見。
掃除と床養生は、職人さんの仕事の跡を確認し、
チェックも兼ねる。

来週から再び3人の大工さん、
仕上げ工程の職人さんたちを迎える。

つづく。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活


posted by Koji at 22:53 | TrackBack(0) | 現場

2016年09月20日

現場は最高のアトリエ

建築を考え、建築を作る、
人生にこんな楽しい生き甲斐があるだろうか。

壁と天井に生命感のある木を張った現場にいると、
人を温かく包み込む普遍的な安心感がある。

本物のクオリティーを持った建築を提供できる
意義ある仕事に喜びを感じるものだ。

無垢の木と長く付き合っていくために、塗装は欠かせない。

木の調湿作用を妨げることなく、木の質感を活かす
浸透性の植物オイルを塗った。

オイルフィニッシュならではのしっとりとした仕上がりで、
乾拭きでメンテナンスしていく。

1474265018.jpgストーブ廻りの炉台と炉壁は、
下地の胴縁を含めて

不燃材で二重空気層構造にして、
耐熱・防火対策をしてある。

燃焼装置・暖房装置としての能力を発揮するために
デリケートな通風計画が大事で、
建物全体で微差圧を測り、給気口を調整した。

ブリックは焼き物ならではの自然なムラと粗面なもので、
出隅の曲がりを特注の寸法で焼いてもらって、

このブリックを引き立たせるための目地は、
骨材を混ぜたザックリとした白系のブリック目地で、

ブリックの厚みを消さないように深目地で陰影を出す。

1474356063.jpg床にマーモリウムを貼るため
ひとまず床養生を撤去して掃除。

これまで解体、電気配線のやり変え、
電磁波シールドシート張り、

空間の形を変えて、
本物の木を張ってきた現場の
床養生が一つの役目を終えた。

将来的に下地の細かい凹凸が出ないように、床のパテ補修を行い、
ケレン・掃除をして、マーモリウムの仮敷きとカッティング。

1474459170.jpgマーモリウムを貼りつける前に、
下階の分電盤、

電灯配線・照明器具からの
低周波磁場を遮蔽するために、

シールドシートを敷き込んだ。


1474265044.jpg大工さんの作業場では、机やテーブルなどの
家具製作にかかっている。

一貫性のある文法でデザインした家具が
生れてくることはとても楽しみだ。

今回は家具屋さんではなく、
製材で挽いてもらった無垢材を使って、
大工さんにすべての家具を製作してもらう。

手作りで形作られていく過程は
かけがえのない僕の生き甲斐だ。

つづく。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活






posted by Koji at 19:01 | TrackBack(0) | 現場

2016年08月28日

充実の夏の現場から2

棚、テーブル、机等は、
すべて壁と同じ木で手作りしていく。

1472468511.jpg注文して挽いてもらった木材を
大工さんの作業場で、
1週間プレーナー掛けしている。

かなりのボリュームがある木たちを
加工できる広い作業場があることが有難い。

木屑の量も半端ない。
木は削ってみないとわからない。

機械に掛けるとは云え、何度も削り木を見て、
同じ樹種でも個性の違うひとつひとつの材料を生かす。

親密に木と接すると、材木屋さんが苦労して適材適所に
少しでもいい材料を届けたいという想いが理解できる。

自分で木を一枚一枚機械に通しながら感じるのは、
建築というのは自分の姿が忠実に映るもので、

作り手の生活に偽りやうそのないものであれば、
最善を尽くして誠実に生きる生き様が鏡のように反映するということ。

たぶん同じ木の表現でも違ってくるし、
お施主様はその何かを感じて
暮らしてもらえるのではないかと信じている。

1472304766.jpgもう一つの現場は新築で、
こちらも猛暑の夏に始まった。

海外とか国内とか建築に区別はないけれど、
この建築は現地で産出する石を
外壁や土留めに積み、

内部は木と現地で調達できる土と天然のマーモリウムで造り
外壁の石が内部にも連続する。

壁の中や屋根面、床の断熱にも空調設備を備えた天然の素材を使って、
外部の建具もすべて木でつくる二重の建具だ。

この土地に生えた樹木のように有機的な自然の風景となるためには
本物であらねばならない。

廻りの自然環境に調和してくれるだろう六角形の空間を
楽しさや豊かな生活に貢献するように設計した。

当初は別荘であるけれど、永住の住まいとしても
日々の生活で季節、昼夜、様々な楽しさを発見してもらえたら嬉しい。

僕の考えた表現が形になるまで
まだまだ建築の日々はつづく。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活





posted by Koji at 16:41 | TrackBack(0) | 現場

充実の夏の現場から1

今年の夏は2件現場が始まって、
現場で過ごすことが多かった。。。

早朝に起床して、料理をして朝食をしっかり摂り、、、
弁当を持って現場に出掛ける。

夏の現場の一日は、
ミネラルウォーター2リットルをいとも簡単に消費する。

現場から戻れば、ゴミなどの片づけ、設計や段取り、、、
そしてチェロの練習。

日没とともに休息に入るわけではないけれど、
案外サーカディアンリズムな毎日だ。

現場でも最近はトンボを見掛けるようになり、
あれほどいた蚊も減ってきた気がする。

現場生活から季節の移ろいを感じるのでした。

1472304667.jpgリフォーム現場ではドイツから取り寄せた
電磁波電界シールド材を

外壁面すべての壁と
最上階の天井に敷設した。


これは外部から建物内に透過してくる高周波を遮蔽し、
内部の高周波と屋内配線から発生する低周波を吸収して減衰し、
伝導性テープでアースと連結させて、逃がす仕組みだ。

無線通信網の利便性を最優先して
負の側面を顧みない文明社会日本の中では、

かつて人類が経験しない電磁波を
あらゆる場面で四六時中浴びていることは事実で、
活性酸素を放出させやすい環境だと言える。

最近は田舎へ逃げれば大丈夫とは言えなくなった。

世界ガン研究機関が携帯基地局などから出るマイクロ波に
発がん性の可能性を認定して5年経つけれど、

国が定めた電力密度の安全基準は
高周波規制を始めているEUのなんと1万倍。
これは人体の許容範囲を越えている。

EUの国々がマイクロメーターを見送ったり、
高周波規制に乗り出している動きと逆行して

日本では介護・医療・学校でさえ
無線LANによるユビキタス社会を国策とし、
高速通信技術をさらに加速させている。。。

この話題はこのぐらいで切り上げて。

工程の最後にはガラス面にもシールドフィルムを貼って、
シールドカーテンを併用する。

これで25年前の電磁波レベルにはなるだろうか。

猛暑の中、壁に貼った電磁波シールド材を貼ってから
明らかに輻射熱の体感が変わった。

思いがけず、遮熱効果もあるようだ。

住宅は、健康な人生を過ごすための基本的な生活の居場所であり、
しかも、安らぎ、寛ぎ、癒されるべきで、
いつまでも飽きることなく楽しめるところだ。

それには身体感覚に基づいた
自然の素材で生成される表現にすべきで、

内部空間こそが住宅の本質なのだ。

1472304708.jpg今現場は天然の木に囲まれてきたけれど、
住む人より先に、僕ら現場で働く職人に
エネルギーを与えてくれている。

すべての壁に木を貼り終えたら、
床には天然のマーモリウムを貼って、

薪ストーブ廻りのレンガ貼りや
煙突工事もこれからだ。

つづく。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活












posted by Koji at 15:25 | TrackBack(0) | 現場

2014年12月20日

cocoa brown HP UP

お施主さんは完成まで
一度も現場を見られていない。

201456121342791.jpg完成した部屋の変わりように
終始大興奮だった。

実際の建築費の倍以上かかってるように
思えるとおっしゃって、

一番のこだわりだったラウンジも
リラックスできると喜んで下さった。

2014121842802.jpg古代から主にヨーロッパで使われてきた
全館集中暖房を設置しているから、

どの部屋にいても
温度差がなく寛げる。

機械の音がしなくて、ただ空気が暖かい。

cocoa brown と名付けたけれど、
茶色とグレーの混ざり込んだ色を基調に

シャワーブースのタイルは、タイの青磁セラドン焼きを
特注で焼いてもらった。

201456121342762.jpg紫のファブリックと
海外の壁紙でアクセント。

手作りで仕込んだ
トグルスイッチやコンセント。

この空間に合ったベットやサイドテーブル、
ソファやスツール、テーブル。。。

2014121842681.jpgすべてお施主さんのためだけに手作りした。

これからじっくり素敵な時間を過ごされて、
また色んな発見をして頂けることを願って、

cocoa brown を贈ります。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活


posted by Koji at 02:39 | TrackBack(0) | 現場

2014年10月27日

リフォームは彫刻だ

今名古屋の東区で15階のマンションリフォーム工事に入っている。

新しい空間を考えて、
素材を選んで全体をコーディネートして、

スイッチ、取手に至る細部や
ソファ、ベット、テーブルなどの家具も設計した。

今その新たな空間を創るために
大工さんと二人で解体作業に没頭中だ。

一日現場にいるのは楽しくて、
毎日あっという間に時間が過ぎるのに驚いてしまう。

201410273668.jpg必要な下地を残して、
いらないものを撤去する。

まるで彫刻のようだ。

構造やスラブ、
換気ダクトや水道配管は想定どおり。

解体は見えない施工方法や使用材料がわかるから
この経験がまた次に繋がる。

マンションではなるべく音を出さず、
手際よくがモットーだ。

ここでは店舗の改修や改装の経験も役に立つ。

201410273677.jpg実はこれからの搬出、搬入に
いい作戦を考えてあって、
子供のようにワクワクしてしまう。

百戦錬磨の大工さんに
片づけの手際を褒められた。

発想を褒められるよりも
なんだか嬉しかった。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 23:21 | TrackBack(0) | 現場

2014年09月13日

トレーニングジムのある家

今回宇野さんに紹介して頂いた大工さんと
初めて仕事をさせてもらった。

201409123442.jpg悪いエネルギーの人を入れて
自分の城を乱されたくないという
潔癖なお施主さんなんだけど、

この大工さん達は置いてある道具も気配も
全然気にならない、

かえって家の中を
良いエネルギーに入れ替えてくれたようだと、

今度郊外に建てる別荘も
この大工さん達に建てて欲しいとの嬉しいお言葉。

それとやはり生命感のある本物の木はいい。

壁の木たちに蜜蝋ワックスを擦り込むのは
僕が担当したんだけど、

一枚として同じものがなくて、
綺麗な木目が浮かんできて、
木の香りに包まれる。

身体を使って働く充実感は何物にも変えがたい。。。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 01:30 | TrackBack(0) | 現場

2014年08月19日

リフォームの現場から2

賃貸マンションというと床は茶色で壁と天井は白。
誰が入居するかわからないから無難にという考えだ。

最近の新築タワーマンションだって
グレードで多少の違いはあるものの基本は同じだ。
そこに個性はない。

就活のスーツのあの個性を出さない気持ち悪さにも似ている。

住人が入居してから家具やファブリックで
自分の居場所に染めていくしかない。

物件の価値は立地の便利さと設備が新しいかだろう。
新築か中古か、また都心か田舎かによって相場が決まる。

その家賃によってオーナーがリフォームに掛ける予算も
長期で回収することを考えると限度がある。

今新築マンションでも9割が売れ残り、空室率は20%程度だ。

画像 3239.jpgそんな中、築年数の古いマンションでも
他では見つけられない唯一無二の物件に
作り変えるとどうだろう。。。

最近では海外から輸入した個性的な壁紙が
簡単に手に入る。
そんな壁紙選びは心が踊る。


皆と同じ制服、体操服を着せられてた僕は、
子供の頃から海外ドラマや洋画に出てくる
室内の壁の色に憧れてた。

画像 3234.jpg壁の一面に色を持ってくるだけで
空間が変わる。
さらに柄の力は個性的な空間を作り出す。

でも壁紙を変えればいいってもんじゃない。

僕は毎回その物件の欠点を無くし、
配色と柄のハーモニーを考え、
空室をすべて満室にしている。

僕の考えに賛同してくれるマンションオーナーに出会えたからだ。



司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活




posted by Koji at 01:52 | TrackBack(0) | 現場

2014年08月10日

リフォームの現場から

最近リフォームやリノヴェーションの機会が増えてきた。

手を入れることで美しく新たな空間に生まれ変わる様を
職人たちと味わう日々だ。

仕上げ工程ではどれも気を配るポイントがいくつかある。
美しく丈夫に仕上げるために。。。

僕は現場にいて自分でできることは何でもする。

画像 3210.jpg今日は襖紙の張替のことを書いてみたくなった。

戸襖では古い紙をめくるんだけど、
いい職人は下地のベニアを
傷めない程度に洗いをかける。

こういう工程を知らない人は、
値段しか関心がない。

襖は普通その都度縁を分解して、
裏紙と表紙を巻き込んで貼る。

あまり紙が重ねられていると
角がきれいに曲がらないから、判断が大事だ。

古い紙の際で浮いている箇所は削っておく。
際は捲れやすいから戸襖同様、
際の糊は違う調合のものを使う。

乾く過程で反りが出ないように他の建具で挟んでおく。

天気、季節によって紙の湿り具合を調整する
職人の経験と勘に敬意を表すのでした。

司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活









posted by Koji at 19:57 | TrackBack(0) | 現場

2014年02月06日

世界にひとつのテーブル

「気に入ったものがなかったら自分たちで作る」

昨年から計画していたテーブルが今日納品出来た。

1239363_547218822042703_1629378204_n.jpg部屋の中心になるもので
空間が変わるから大事だ。

脚は五角形の三本脚になっていて、

茶道の初釜で使われる島台茶碗のひとつは
高台が五角形なんだけど、

五角形って見る方向で表情が変わって面白い。

特に強度は何度か試作を作ってきたから、
ピルッカチェアーに腰掛けて
思わずテーブルを撫でてた。

クライアントさんに喜んでいただけて
可愛がってもらえることだろう。

司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活


posted by Koji at 21:48 | TrackBack(0) | 現場

2013年11月09日

名古屋 office HPに画像UP

20131109_1331.jpg名古屋 office のプロジェクトは、
自分自身満足して引渡すことができた。

坪庭も出来たので、
HPに画像をUPしました。

興味があればご高覧下さい。
通称「zen」です。



司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 12:01 | TrackBack(0) | 現場

2013年10月31日

名古屋 office の現場13

名古屋のオフィス建築を無事お引渡しできた。

画像 2166.jpg社長と秘書の方は、
ここに住みたいと仰って
御礼まで下さって嬉しい限りだ。

試運転の床暖房と共に心はぽかぽか。

振り返ってみると今回も
新しいことをして楽しかった。

画像 2162.jpg最上階に外部空間の
中庭をこれから作る。

内部と繋がる癒しの空間が
ドアの向こうに現れる。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 19:23 | TrackBack(0) | 現場

2013年10月21日

名古屋 office の現場12

名古屋の現場は床の養生を剥がして
掃除を終えたんだけど、

僕が今までチョイスしてきた
白熱灯の照明器具が生産中止で在庫もなし。

IMG_1131.JPG代替品を探しているけど
いいものが見つからない。

色んな分野で時代はもうLEDなのか。

LEDの床間接照明に照らされた
錫箔の天井はきれいに映えた。

外に出るとキンモクセイの薫り、、、

近所の住宅の庭に咲く一本の木が
今年も秋の穏やかなひと時を演出していた。

司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 21:46 | TrackBack(0) | 現場

2013年10月09日

名古屋 office の現場11

今日は朝から現場に行くのが楽しみだった。

996026_48880.jpg1階ではリアテック貼り、
2階では摺錫箔和紙貼り。

特にリアテックは一発勝負だから
今日は何時もより現場に緊張感が漂ってた。

昼から口切のお茶事

(5月に摘んで茶壺に詰めた新茶の封を切って頂く、
お茶の世界では新年と同じ大切な行事)

に招かれたんだけど、

心尽くしのお道具のお見立てと道具を作られた方、
それを買い求めた方あっての幸せなひと時を想う時、

現場も同じだなーと。

素材を作った職人とそれを施工する職人がいて初めて
クライアントに可愛がってもらう建築が生まれる。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 20:30 | TrackBack(0) | 現場

2013年10月05日

名古屋 office の現場10

今回初めて会った名古屋の職人さんお二人と息投合。

10時の休憩にはお茶をご馳走になる。

1185183_486770511420868_543019055_n.jpg内装屋の松岡さんは下地の大切さを共感してくれて
ベストを尽くしてくれる人だ。

下地の悪さはいくら貼り直しても直らない。

塗装屋の新山さん、
色付け2回、ウレタンクリアー4回の手間の大切さを
理解して手を抜かない人だ。

1381774_486770521420867_86771464_n.jpgどんないい木でもクリアーを塗ると目が立つ。
だからペーパーを当てる。

もう一度塗る、まだ目が立つ。

4回やるとツルツルになって、
しかも1回1回がフィルムのようにコーティングされて強度が増す。

本棚の用途を考えたらこれが最低限だ。

家具屋さん、木建具屋さんと打合せをして、
名古屋の職人さんとの新鮮な日々を送っている。


司建築工房


♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 16:51 | TrackBack(0) | 現場

2013年10月02日

名古屋office の現場9

今日は名古屋の若手左官屋さんが
砂漆喰塗りにきてくれている。

僕は朝から大工さんと本棚を作る。

1379907_485503428214243_4494692_n.jpg10月というのに夏の気配で、
3時の休憩の差入れで絆が深まる。

クライアントは僕の提案するもので、
気に入って下さってて、楽しみにしてくれている。

長さ3,500一枚板の机を製作してて、
明日家具塗装に持っていく。

摺錫箔の和紙も特注で製作してもらってて、
天井に貼るのが楽しみなのだ。


司建築工房


♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 16:32 | TrackBack(0) | 現場

2013年09月20日

名古屋 office の現場8

名古屋のオフィスの現場も造作がだいたい形になってきた。

1239994_480527175378535_633589726_n.jpg海外のお客様と
デザインのミーティングをする部屋になる。

今人々が求める癒しと禅マインドで
社会に貢献しようとする社長と
僕の考えは一致している。

造作家具の打合せを終えて、
昼から素材を見てきます。

司建築工房


♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 20:29 | TrackBack(0) | 現場

2013年08月29日

名古屋 office の現場7

今日は名古屋の現場に
豊橋から左官屋さんが3人来てくれている。

1000354_470154763082443_1301420063_n.jpg材料が足りないというので、
名古屋の業者さんに建材屋を教えてもらって、
買い出しだ。

お互い困った時は助け合いだ。

現場では職人さん同志が
脚立や道板を貸しあって有難い。

でも朝マズイ施工部分を見つけて、
板金屋さんにやり直しをお願いした。

辛い事ですが、
快く明日やり直してくれる。

土岐からは鍛治屋さんが
オーダーメイドの鉄扉を取付けに来てくれている。

そんな職人さん達の仕事を見ながら、
僕の頭の中で色んなアイデアを想像してみるのでした。

司建築工房


♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 22:14 | TrackBack(0) | 現場