2017年02月14日

厳寒の候を楽しむ

家事というものは行く河の流れのごとく
絶え間なく続き、渋滞氾濫を招かないように
片付けることが日々の生活というものだ。

そして衣食住には自分の流儀があり、
毎日を綺麗に暮らす。

おしゃれはこういうところから生まれてくる。

ひとはどんな境遇にあっても文化を求め、
一時でもいいからのびやかな時間を持ちたいものだ。

袴というものは年に何度も着るものではないけれど、
必要な時にさっと袴を着られるようになってきた。

礼装である羽織を羽織って、
桂春団治が羽織紐をすっと解き、袖口をつまんで
はらっと脱ぐしぐさをマネる。

再び羽織紐を結んで、踵を出して草履で帰る楽しさ。

僕の日々の根っこになっている楽しみがある。
それは季節感を味わうお茶事である。

初釜では正客を務めさせて頂いて、
年に一度の縁高重の扱いもようやく覚えた。

亭主直々のお点前によるお濃茶の絶妙な湯相の
お服加減、亭主のおもてなしの貴いお心と格別の福引は、
僕の日々の暮らしに平穏をもたらしてくれている。

早いもので如月。
語源は寒さで着物を更に重ねて着ることから
着更着だとか。

厳寒の候、お茶の冷めにくい筒茶碗にての一服、
真形(シンナリ)釜のお茶事でした。

名古屋の釜師、十一代加藤忠三朗さんの紅い真形釜と
本人直筆のお掛け軸の取り合わせ。

お茶事を催すには一通りのお道具がなくてはやれないけれど、
お釜がなくては話にならない。

季節ごとに拝見に出されるお道具が脚光を浴びるけど、
お釜はお客のお迎えからお見送りまで、実はお茶事を支える
根っこのような存在だ。

お釜はお茶の魂である。

ちなみに僕のおふくろの故郷、福岡県遠賀郡芦屋町は
真形釜の名作が多く残り、釜師や鋳物師が古くから活躍していた。

凛とした空気の茶室で、湯の沸く松風の音色。
お片付けに水指から水を掬って注ぐ水の音は
なんとも風情である。

奇しくもバレンタインデーの日に当たり、
亭主がこの日限定のチョコレートを使った和菓子を
お取り寄せ下さり、

バレンタインのお茶事さながらの趣向も加えられ、
桜色のお着物で春の兆しをおもてなしされる。

茶巾等筒茶碗のお点前は、
絶妙な湯相のほっこりする一服なのでした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 20:00 | TrackBack(0) | お茶

2016年09月14日

お茶事を愉しむ秋

現場から帰る道すがら、日の暮れるのも早くなり
車窓を全開にすると涼しい秋の風が吹き抜ける。

秋の虫の鳴き声がする道を選んで。

月に一度月釜にお招き頂ける光栄に浴して
4年目を迎えておりますが、

仕事に明け暮れる日々の中で、この日だけは
他では味わえない贅沢なひとときに身を置きます。

お茶席にて季節を五感で味わう総合芸術は、
日本人の繊細な感性や精神性、美学まで詰まっています。

先月のお茶事は、お茶碗をはじめ
すべてガラスのお道具立てという
めったにお目にかかれない景色の中、

冷たいものを頂かなくても
こんなにも涼しい気分になるものかと感動しました。

今月の重陽の節句のお茶事は、亭主のお着物から
お菓子、お菓子器に至るまで、菊づくしのお道具立てで、

毎回亭主のおもてなしの尊いお心がひしひしと伝わり、
頭が下がる想いになるのでした。

江戸幕府から始まった五節句の風習では
植物(重陽の節句は菊)が邪気を祓うという

無病息災の願いも込められています。

京都平安堂さんの表装によるお掛け軸は、
大徳寺住職の揮毫「掬水月在手」

重陽の節句のお茶碗にて最後にお出し下さったお白湯に
中秋の名月を妄想して浮かべてみた。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 01:08 | TrackBack(0) | お茶

2016年01月12日

福にあふれた初釜

今日は格別の正式な初釜のお茶事にお招き頂きました。

寄付では見事な日陰カズラの蓬莱飾り。

水琴窟のあるつくばいで手口を清め、
無形文化遺産の職人達が建てたお茶室の
躙口を開けると、

お床には七色の和紙に描かれた瑞雲の掛け物に
結び柳が少し被るようにしだれた景色。

茶室に入りお床を拝見すると、
烏帽子のお茶杓と猿の三番叟のお香合。
亭主の心づくしのお道具立て。

1452689344.jpg新調した袴で伺った僕は
光栄にもお正客をさせて頂きました。

亭主自らのお濃茶のお点前を
まじかで拝見し、
金彩の島台赤楽茶碗で味わう。

続くお薄茶は、烏帽子を被った猿が
富士山を眺めながら踊っている赤楽茶碗で。

蓋置、茶筅、茶杓、箸の青。
黒文字の薫り。
亭主の真心が伝わる。

1452689290.jpg八寸には国産の栗と昆布の紫蘇煮。
一献ではお銚子で塗の盃に
特注の酒を注いで下さる。

福引に、猿の絵柄の織部の茶碗と
干支のお懐紙と練香を頂く。

まさに福にあふれた初釜で
良き申年を始められたこと、
有難き幸せです。

帰り道、皆で記念撮影。

1452689319.jpgせっかくお着物を着たので、
いつも温かく迎えて下さる方の処へ、
新年のご挨拶に。

ニューヨークの話。
保育園でサンタになってチェロを弾いた話。
別荘建築の話。。。

喜んで聞いて下さいました。
幸せな一日でした。



司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活




posted by Koji at 22:12 | TrackBack(0) | お茶

2014年08月12日

2回目の硝子のお茶事

月に一度、格別の品格に触れる機会に浴している。

9be98225853557fc721991de1a7dce51_t.jpg瀧のお掛軸の褐筆の表現に音を聴き、
つららの掛け花入を眺めるうちに
汗も引いて、世界が変わる。。。

何時も素敵なお着物で
心尽くしのお見立てをされる
季節のお菓子と硝子のお道具。

「最高のお道具には最高のお菓子」とのこと。...

蝉の声を聞きながら
ギヤマンガラスで頂くひと時は
究極のおもてなしだ。

不惑も過ぎ、ひとりの時間を豊かにする創造性が
人生の愉しみを広げていく。

もっともっと欲を強く持とうと想う夏。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活




posted by Koji at 20:28 | TrackBack(0) | お茶

2014年07月08日

七夕のお茶事

今日は五節句の一つである七夕のお茶事だった。

空色の紗のお着物のご亭主は、
最高の夏の景色だ。

お取合わせされたお道具たちに目を移すと、
輝くばかりの景色が別世界へと誘ってくれる。

竹や杉の銘々皿の軽やかさ。
夏の平茶碗たち。

黄瀬戸の平水差しの涼しげなお水。
その塗蓋はうずくりのように荒く削り出されて
水面の波紋のような景色になっている。

お釜用の敷き板の真塗に風炉先屏風のよしが映る。

お掛軸は笹の葉に短冊が風に揺らいでる絵と共に
「千里同風」の文字。

どこにおられる方も命あるもの全てが
同じ夏の風を感じているのだ。

同じ月を違う場所で同時に見るように。
四文字になんと素敵な世界観が広がっていることだろう。

この言葉には天下泰平で平和であるさま、という意味がある。

もう戦争なんて二度としてはいけないという
平和への願いは誰しも同じだと信じたいけれど、
政府は国民と同じ方向を向いているのだろうか。

東日本大震災後、航空自衛隊の災害派遣活動の方たちの合言葉も
この千里同風だった。

20140707.jpgお茶室のゆったりとした時間の流れの中で、
日本語の美しい言葉と所作は

きっと世界の平和に必要な文化だと
つくづく感じるのでした。

僕の好きな酒井抱一の「七夕図」を添えて。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活






posted by Koji at 23:59 | TrackBack(0) | お茶

2014年06月11日

黄瀬戸のお茶事

昨日水無月のお茶会にて、
黄瀬戸で揃えられたお道具立ての景色にしばし息を呑んだ。

織部づくしのお茶会も素敵だったけど、
黄瀬戸となると揃えるのは難しい。

しかも名立たる作家のお茶碗、お菓子器、銘々皿、お香合。
そして涼やかな共蓋の平水指。

注がれたお水はわざわざ岐阜から運ばれた岩清水だと伺った。

亭主は僕たちを喜ばそうとお掛け物、お花、お菓子、
すべてのお見立てに心を尽くして下さる。

亭主の塩瀬の単衣もまた素敵なお茶席の景色なのでした。

僕はこの感激を亭主にお伝えすることでしかお返しできない。。。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活


posted by Koji at 23:16 | TrackBack(0) | お茶

2013年12月15日

今年最後のお茶事

今年最後を締めくくるクリスマスのお茶事は感動的だった。

和敬清寂の「わび」の美意識を表現する茶の湯と
ファンタジーなクリスマスの世界観との融合にしばし言葉を失う。。。

1473019_521049817992937_483650214_n.jpg大徳寺太玄和尚に特別書き下ろして頂いた「聖夜」のお詩や

メルヘンなクリスマスを描いた
洋画の水指。。。


今は亡き先生のお父上が、
70年間に亘って集められた
品格と可愛らしさを備えたお道具たち。

生前は常に穏やかな方であられたと云う。

先生がいつも帰りにおっしゃられる
「ごきげんよう」というご挨拶を改めて噛み締める。

自分の機嫌を良く保って、
好きなことに没頭されたお父上に想いを馳せて。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活


posted by Koji at 21:39 | TrackBack(0) | お茶

2013年08月31日

硝子のお茶事

一昨日は貴重な硝子のお茶事にお招き頂いた。

茶筅と柄杓以外は全て硝子の茶道具。

さざ波模様の硝子のお菓子器に丸葉を敷いて、
その上に宝石のようなお菓子。

そして硝子の抹茶茶碗の数々。

自分の両手のひらが透けた一服のお茶の世界観は
初めての涼やかな感動だった。

硝子という素材で現す夏の季節感は特別だ。
僕はこの一期一会を瞼に焼き付ける。

このお茶会のために
ご亭主が道具のお見立てから床飾り、

お庭のお手入れまで、
一期一会のひとときの為にどれだけ時間とお心をかけられたか。。。

道具を作った方、
それを購入した方があってこその幸せなのだ。

床飾りの飴細工まで硝子。

蝉の掛け花入れと
「瀧」一文字のお掛けものに表現された水の音とともに

夏の終わりの良き想い出として
永遠の宝物となったのでした。


司建築工房


♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 10:28 | TrackBack(0) | お茶

2013年05月19日

久々のお点前

昨日は暫くご無沙汰していた
お茶のお稽古に行ってきた。

万年堂のお干菓子を携えて。

画像.jpg若葉の萌える若楓の緑の下に
紫陽花が咲いている風情を選んだ。

丁度昨日から風炉のお点前になって、
意外と身体が覚えていた。

自然や季節を味わえるって生活が潤う。
それにしてもこのお菓子、洗練されてて芸術品だ。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 22:33 | TrackBack(0) | お茶

2012年11月16日

お茶の神髄

名古屋に事務所を移したりして、
お茶のお稽古を暫くお休みしてたんだけど、

画像 928.jpg今日先生のお宅にご挨拶に伺ったら、
炭を熾してお迎えして下さって、

「あなたお点前お好きだからと思って」って
お稽古の日でもないのにわざわざ
僕ひとりのために。。。

先生のお心遣いに感動してしまった。
思いがけず久々のお点前をさせて頂いたのでした。

画像 929.jpgもう炉ですから初冬です。
練香の薫り。西王母のお花。

白雲流水共悠々のお軸。
環境の変わった僕へのエール。

先生、言葉にできません。
お菓子は京都の亀屋良永の大原路秋の山。

シンプルな図柄に色で季節感を表現する和菓子は世界遺産だ。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 21:16 | TrackBack(0) | お茶

2012年06月23日

お茶会の準備

OT12062205.jpg先日、お茶室の下見をしてきたんだけど、
門を潜ったら
別世界を味わえること間違いなしだ。

小間でのお点前が楽しみになってきた。

今晩先生宅にてお道具を持ち寄って、
お道具選びなどなど。。。おもてなしのミーティング。

準備自体でもうすでに自分が一番楽しんでいる。

姉弟子さんたちも快く、楽しんで
手伝ってくれることが何より嬉しい。

OT12062305.jpg大徳寺の小間での夏のお茶会の資料を
確認しながら本筋は外さず、

高価な道具はひとつも無いけれど、
自分達の美意識に適った

好きな道具や趣向で遊べれば最高だ。

僕にとっては立派な道具なんてどうでもよくて、
季節感や裕かな心を満喫できればいいのだ。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 23:54 | TrackBack(0) | お茶

2012年06月02日

感動のお茶のお稽古

今日のお茶のお稽古は、感動の連続だった。

立夏から風炉なんだけど、
お茶室には日本の季節感があふれている。

お床の掛け物は、「山翠添新雨」

まだら模様の山の緑が雨に濡れて、より綺麗に
色濃くなる今の季節の情景が浮かんで感激してしまった。

OT12060201.jpg今日は師匠と二人きりの
お点前だったせいか、動と静。

道具と道具が触れる瞬間を
丁寧に扱うお点前に集中出来て
気持ち良かった。

写真は、丸卓(まるじょく)に入り飾りした飾付けだけど、
この計算された配置のバランス感覚に感じ入ってしまう。

ちなみにお茶杓のご銘は「早乙女」

OT12060202.jpgその後、炭点前もさせて下さって、
炉の練香から風炉は香木になるんだけど、

白檀の爽やかな香を二片焚いた。
これも春を感じる瞬間なのでした。

沈香の雅な香りは秋にピッタリだ。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 20:22 | TrackBack(0) | お茶

2012年03月30日

英国夫人とのお茶のお稽古

今日は英国夫人お二人をお招きしてのお稽古でした。

OT1203300.jpg日本男児の在るべき姿と所作。
そんな使命感を勝手に奮い立たせて、

無事外国の方のホスト役。
光栄にも一服お茶を点てさせて頂いた。


OT1203301.jpgアリガトウゴザイマス!
日本の流儀でお礼をおっしゃって下さった。

日本の精神文化が伝わったかは
定かではないけれど、

日本旅行記の1ページとして
想い出に刻まれたなら幸いだ。

英国夫人を囲んでの
国際交流使節団のような貴重な時間なのでした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 23:10 | TrackBack(0) | お茶

2012年03月03日

ひな祭りのお稽古

何週かお休みして、今日は求めるように久々のお稽古。

「家は漏らぬほど、食事は飢えぬほどにして足ることなり。
是、仏の教え。茶の本位なり。」(利休)

侘び茶の清貧を重んじる日本人の美意識に浸るひと時、
今日はたまたまひな祭り。

OT1203032.jpgお道具が平安・室町の貴族文化の趣で、
雛飾りの絵柄茶碗で一服。

この並びは京都だ。

十二単の重ねの色目で季節感を表現した。


OT1203031.jpg
菱餅は、雪の下から緑が芽ぶき
桃の花を咲かせる
春の訪れを表現している。

お茶器は「貝雛の中棗」。
お茶杓は「笛の音」。

今日は先輩が「唐物」のお点前をされたので、
お客として唐物の扱いをさせて頂いて

より一層室町文化に浸れた一日でした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 23:18 | TrackBack(0) | お茶

2012年01月09日

初釜2012

OT12010818.jpg今日は着物の女性に囲まれて、
初釜を満喫させて頂いた。

場が和むようなハプニングもあって
和気あいあいと新年のハレのお茶席を
楽しませてもらった。

OT1201083.jpg毎年恒例の伊藤先生の手作りのお料理は格別だ。

今年は普段やり慣れない炭点前を
急遽させて頂くことになって、

お点前の緊張と
炉を上から覗くと思いのほか炭の熱とで、

冷や汗が瀧のように
ひとりサウナ状態でした。

OT1201086.jpgひとつでも条件が欠けると
こうしたお茶の時間は持てない。

有難いことだとしみじみ感無量な
和敬静寂の一日なのでした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 01:30 | TrackBack(0) | お茶

2011年06月18日

佐川美術館の青蘆(せいろ)茶会

今回念願叶って、楽さんの感性で表現された
近代茶室でのお茶会を堪能してきました。

杉板型枠コンクリート打放しに
プリミティブな木材や石などの素材感と

無駄な線を省くディテールは、楽さんの美的感性と
新しい表現への飽くなき挑戦の精神を感じた。

P6177013.JPG客人に喜んでもらうための空間造り。

茶室へのアプローチは、
水庭の水面の下へ
階段で下りていくところから始まっている。


水御堂よりも海の中に潜っていく雰囲気がある。

水面のトップライトから自然光を導いて、
陽が差すと水面の揺らぎが地下の床に映る。

P6177036.JPG地下は光と闇の静寂空間だ。

パースペクティブの路(ろ)から
寄付(よりつき)に着くと、
ポチャン!ポチャン!と滴る心地よい水の音。

水を張った飛び石を歩いて水路地で腰掛けて、
しばし水の音を聴きながら空と対話して
緊張感を緩める。

中潜(なかくぐり)を潜って
小間の盤陀庵に入れていただくと

和紙に透かされた透明のアクリルの
繋ぎ目で竹の節を表現している。

水庭にある青々としたヨシとヒメガマの緑が
水面にバウンドして和紙に緑の光を映し出す。

今回はそんな季節感を味わうお茶会だ。

P6177021.JPG太鼓張りの障子を開けると

水庭と床レベルが同じの
広間俯仰軒に出る。

ここでルビニャックの赤土で焼かれたという
楽さん自身の作品
フランス楽茶碗でお茶を一服いただきました。

僕が頂いたお茶碗は
裏千家のお家元が一番のお気に入りだそうで、

プリミティブな感じの景色と
小ぶりで愛らしい造形のお茶碗でした。

僕の隣の方が頂いたリモージュの白土で焼かれたお茶碗も素敵だった。
コバルトブルーの景色と茶碗の底の光る釉薬は銀貨を溶かしてあるらしい。

振り返るとルイス・バラガンの建築空間に近いかもしれない。

楽さんでも悩み、今までの手法をいったん捨てて、
インスピレーションから新しい表現を生み出していくと伺った。

常日頃から片書きや言葉に惑わされずに
自分の背筋で感じられる物差しを持ちたいと思ってるんだけど、

僕があこがれる芸術家の堂々としてやさしい魂を感じて
すごく勇気づけられた。


P6177059.JPG滋賀までせっかく来たので、

僕に造形の力学を教えてくれた
明貫親方の坪庭を見に
京都の何必館に寄って帰ってきました。

この空間がビルの5階にある。

一平の女将さん、伊藤先生、ご一緒して下さって
貴重な体験を有難うございました。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活

posted by Koji at 08:44 | TrackBack(0) | お茶

2011年01月16日

千隆会初釜2011

P1164489.JPG昨年に引き続き、森宗匠のお濃茶のお点前を拝見できる
貴重なお茶会に出掛けた。

寄付の田舎家での
囲炉裏の炭や手あぶりは
肌と心にジーンとくる。


P1164545.JPG今年は僕の師匠も
ご一緒下さり、
近年稀にみる大寒波で、

名古屋(熱田神宮)は
雪国と化し、
思い出に残る雪のお茶会となりました。


P1164523.JPGお薄席では初体験の、
にじり口からにじってお茶室に入る

小間でのひと時を
過ごすことができたのでした。

膝を突き合わせて
貴重なお道具の拝見。


P1164514.JPG森宗匠のお濃茶のお点前は
ゆったりと流れる大河のごとく
大変勉強になりました。

常盤薯蕷(ときわじょうよ)もお点心も
吟味されたもので
心の通ったいいお茶会でした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 23:58 | TrackBack(0) | お茶

2010年11月27日

季節を味わう

PB064091.JPG庭の椿が咲き始めた11月、
旧暦の10月(亥の月)は
冬の始まりということで、炉開きには、

先生がぜんざいを振舞って下さった。
お正月のようなハレの日だ。

DSCN0437.JPG先生が僕のハレ姿を撮って下さった。

普段はあまり和菓子は食べないけれど、
お茶のお稽古の度に出されるお菓子で
季節感を頂いている。

お床のお掛物やお道具を通して
日本の季節感を味わう。

日本には繊細な季節感や暦があって、
自然の移り変わりを味わうだけで
心が豊かになる自分を発見するのでした。

炉の灰の中にほっこり
オレンジ色に燃える炭火を眺めて、

釜の湯が松風のように音を立てて煮える
この季節も気に入っている。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 21:24 | TrackBack(0) | お茶

2010年08月21日

真夏のお茶のお稽古

風炉のお点前の時期は、炉で使っていた灰のクリーニング?
とも言える濡れ灰作りに携わらせてもらった。

P8022133.JPG灰を何種類かの目のふるいにかけてから、
ぬるま湯を注いで、

浮いてきたゴミやアクをすくい取って、
暫く上澄みが澄んでくるまで置いておく。


P8022135.JPG後日、上澄みの水を捨ててから、
ベニア板に新聞紙を敷いて、
おたまで灰をすくって広げて干しておく。

また後日、ある程度水分が抜けたところで、
ふるいで濾したら濡れ灰が出来上がる。

P8212657.JPG実際手間をかけたおかげで、
火事になったら灰を抱えて逃げるという
逸話の意味が理解できた気がする。

今日は茶箱のお点前と
お盆立てのお点前をさせて頂いた。

本格的な茶室がなくてもできる実用的な略点前は、
日常生活の中に取り入れられたら素敵だと感じたのでした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 23:59 | TrackBack(0) | お茶

2010年05月24日

不審庵見学

先日、念願だった表千家家元の茶室「不審庵」
の見学をさせて頂いた。

「不審にして花開く今日の春」という大徳寺の古溪和尚の詩の
最初の二文字「不審」を取って名付けられている。

自然は一切のはかりごとなく、無為自然に運行されている
という自然を尊重した精神がお茶には流れている。

P5221678.JPG表千家家元の門をくぐると
瓦葺きの土塀の上に

高木の緑が垣根のように整い
まだ中の様子は見えない。


P5221682.JPGいよいよ露地口に足を踏み込むと
一面苔むした幽玄な世界が広がって、
中潜(なかくぐり)が目に飛び込む。

柿葺きの外腰掛から
しばし庭の静寂に浸って、

中潜の右側にある半蔀(はじとみ)から
石の橋を渡り、きょろきょろしながら飛石を歩く。

残月亭の前の露地に佇むと外界から隔離されて
別世界に自分がいることを実感する。

祖堂では利休さんが祀られてあって、
お参りをさせて頂いた。

祖堂の一角に二畳の茶室があって
くぐっていざ座ってみると、

三人で座ってみたんだけど、
意外と窮屈さは感じず、かえって天井が高く感じられて
貴重な体感ができた。

侘び茶の完成形と言われる利休作の茶室、待庵も
点前座と客座が一畳ずつしかない空間だ。

不審庵は三畳台目で、点前座に座ったり
空間を身体で体感できたことは宝だ。

天井の突き上げ窓からの明りで茶室の内部は
予想以上に明るかった。

帰りに梅見門を潜り、内露地に入れさせてもらい
不審庵のにじり口へ至る飛石を歩かせて頂いた。

そして中潜を潜って別世界ともお別れ。

伊藤先生のお口添えがあったればこそ、
この日の幸せを頂けた。

同じ社中のMIKIさんと
行き帰りずっといろんな話をしながら楽しい一日でした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活
posted by Koji at 21:46 | TrackBack(0) | お茶