2017年04月15日

イロハモミジとの旅2

旅のお供、葉山のいろはもみじは
舞台正面の座席の僕の足元だ。

ナタリーデセイをコンサートホールで聴く
いろはもみじもそうはいないだろう。

私は歌う女優です、と云うデセイ。
今回は様々な個性を持つ女性たちの恋を歌う。

音楽の流れや言葉のつながりまで何度もリハーサルを重ねて
熟成させたプログラムとのことだ。

よく楽器の演奏でも歌うように弾くっていうけれど、
音楽の流れに言葉を乗せて心を表現する。

外国の言葉はわからないけれど、歌い始めると
ガラッと世界を変えてしまう。

絵画でも工芸でも建築でも
画像と直接観ることの違いは
あまりにも大きいけれど、

空気を伝わって直接響いてくるデセイの歌声は
異次元のものでした。

コロラトゥーラの華麗な技巧もさることながら
ピアニッシモの繊細で伸びやかな歌声は圧巻だ。

僕は、フィフス・エレメントの中でオペラを歌う場面の
ブルース・ウィリスのあの表情が頭に浮かんだ。

いい演奏にはいくつかの要素があると思うけれど、
一番は音そのものの美しさだと思っている。

デセイの歌声そのものが美しい。
日本的に言えば人間国宝だと感じた。

それとピアノのフィリップ・カサールが良かった。
最初のモーツァルトから引き込まれて、
まるで言葉を歌っているような演奏だった。

音楽を肌で堪能した特別な夜でした。

houshun 232_R.JPG筋書きのない旅は
まだまだ書きたいこともあるけれど、

いろはもみじは
僕のアトリエの木陰で
ひっそりと佇んでいる。



司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活


posted by Koji at 20:38 | TrackBack(0) | 音楽

イロハモミジとの旅

アトリエの窓からは桜が輝き、鳥が歌う。
庭の木々の枝には芽吹いた若葉が萌える春。

houshun 037_R.JPGこれからある芸術家の
アトリエ兼自宅の設計を控えていて、

ナタリーデセイのリサイタルのため
上京する機会に
葉山の山口蓬春画室を訪ねた。

僕が勝手に師と仰ぐ吉田五十八の1954年の建築なんだけど、
長い年月の間に手が加えられていたのを
つい最近、原設計に復元する改修が行われた。

1940年祖師ヶ谷に建てられた旧山口蓬春邸は、
作品集を眺めるだけで、残念ながらもう現存していない。

houshun 153_R.JPG常に新しい時代の表現を求めた
同窓生の蓬春との建築は、
さぞ楽しく仕事をされたのではと想像する。

筆洗場や隠し戸棚、ガラスの飾り戸棚、書庫など
徹底した緻密さで構築した機能性と

建築美学を表現した画室は、
庭のいろはもみじの緑で照らされていた。

建築は元の場所でのみ正しく鑑賞され、
空間体験を通してのみ正しく建築家の意図を汲み取ることができる。

houshun 142_R.JPG花々が咲き匂う葉山のお庭では、
いろはもみじの花が咲き、

翼の種が風に運ばれ、
春に芽吹いた葉っぱが
地面に顔を出している。

僕は以前よりアトリエの庭にもみじが欲しいと思っていた。
それも小ぶりな葉っぱのいろはもみじが好きなのだ。

庭を管理されている葉山のおばさまが
「お持ちになる?」と。

houshun 145_R.JPG根付かせるにはもう少し
根が張ったものがいいからと

運良く?草取りされずに残った、おそらく
発芽して3・4年目の若木を頂いたのでした。

思いがけず縁あって旅のお供が増えた。
とりあえず根っこをティッシュで包んで、細長い葉っぱで縛って。

磯の香りの風が心地よいバスに揺られて
軒先に吊るされたワカメと満開の桜を見送った。

houshun 173_R.JPG銀座並木通りのサンモトヤマを訪れるため
銀座風月堂でお茶をしていると

入口でお持ち帰り用のお菓子を
販売されている店員さんが、

お店で使っているというプリンのカップと
手提げ袋を持って来て下さった!

感動してしまいました。

接客マニュアルがあるわけはなく、
カバンから顔を出したもみじを見られてのこの心配りは、
海外から評価されるまさに日本のおもてなしでした。

お蔭でお水を常に浸すことができるようになった。

「またお越しください」と笑顔でお見送り下さったのでした。

司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 19:40 | TrackBack(0) |

2017年02月26日

坪庭のメンテナンス

先日友人の庭師と坪庭のメンテナンスに伺った。

独立当初から僕の庭や外構工事はすべて彼の手掛けたもので、
僕は彼の庭が好きだし、一緒に仕事していて楽しい。

西欧の回廊から眺める中庭や
石の舗装と石の外壁で囲まれた広場の景観に感動するけれど、

日本には京都の中庭をはじめ大徳寺孤蓬庵忘筌、
築地塀で囲まれた竜安寺の石庭など

日本の先人たちは、内にいながら外部の自然との連帯感、
内から外部を眺める景観を重要視してきた。

ここは華道家のための外部空間に花を飾るための庭だ。

tsuboniwa_R.JPG三角形で囲まれた空間で思い出すのは、
イタリアのサンジミニャーノに
井戸を囲んだ広場があるんだけど、

ここでは三角形の庭に
花を飾るための台となる石を置き、

統一した素材の壁で囲うのではなく、
竹と杉皮で陰陽を表現し、立体感を

地面には起伏を造り、曲線を描いて、
狭い空間に奥行と広がりを出している。

地苔が自生して、緑が人の心を和ませ憩いを与える。

先日の積雪で銀世界の庭が美しかったそうだ。
これから芽吹いて樹々が青々と茂り木陰を作って、

秋には葉っぱが色付き、
四季折々の景色を楽しませてくれることだろう。

昨今の我が国の外部空間は、化学建材やフェイク材料が氾濫し、
無神経な野点看板など自然の景観に異質なカオスを形成している。

美しい歴史的な街並みを形成しているところは、
それぞれの土地固有の自然素材と、気候風土に適した工法で造られ、
特有の色彩と味わいがあるものだ。

高温多湿の日本での自然素材は、
古美て朽ちていくのが自然で、移ろうものなのだ。

自分たちの大切な領域を愛着を持って手を掛け続ける作法と
精神哲学は失ってはならない。

建築や庭は技術を越えた文化の表現なのである。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 20:46 | TrackBack(0) | 現場

2017年02月14日

厳寒の候を楽しむ

家事というものは行く河の流れのごとく
絶え間なく続き、渋滞氾濫を招かないように
片付けることが日々の生活というものだ。

そして衣食住には自分の流儀があり、
毎日を綺麗に暮らす。

おしゃれはこういうところから生まれてくる。

ひとはどんな境遇にあっても文化を求め、
一時でもいいからのびやかな時間を持ちたいものだ。

袴というものは年に何度も着るものではないけれど、
必要な時にさっと袴を着られるようになってきた。

礼装である羽織を羽織って、
桂春団治が羽織紐をすっと解き、袖口をつまんで
はらっと脱ぐしぐさをマネる。

再び羽織紐を結んで、踵を出して草履で帰る楽しさ。

僕の日々の根っこになっている楽しみがある。
それは季節感を味わうお茶事である。

初釜では正客を務めさせて頂いて、
年に一度の縁高重の扱いもようやく覚えた。

亭主直々のお点前によるお濃茶の絶妙な湯相の
お服加減、亭主のおもてなしの貴いお心と格別の福引は、
僕の日々の暮らしに平穏をもたらしてくれている。

早いもので如月。
語源は寒さで着物を更に重ねて着ることから
着更着だとか。

厳寒の候、お茶の冷めにくい筒茶碗にての一服、
真形(シンナリ)釜のお茶事でした。

名古屋の釜師、十一代加藤忠三朗さんの紅い真形釜と
本人直筆のお掛け軸の取り合わせ。

お茶事を催すには一通りのお道具がなくてはやれないけれど、
お釜がなくては話にならない。

季節ごとに拝見に出されるお道具が脚光を浴びるけど、
お釜はお客のお迎えからお見送りまで、実はお茶事を支える
根っこのような存在だ。

お釜はお茶の魂である。

ちなみに僕のおふくろの故郷、福岡県遠賀郡芦屋町は
真形釜の名作が多く残り、釜師や鋳物師が古くから活躍していた。

凛とした空気の茶室で、湯の沸く松風の音色。
お片付けに水指から水を掬って注ぐ水の音は
なんとも風情である。

奇しくもバレンタインデーの日に当たり、
亭主がこの日限定のチョコレートを使った和菓子を
お取り寄せ下さり、

バレンタインのお茶事さながらの趣向も加えられ、
桜色のお着物で春の兆しをおもてなしされる。

茶巾等筒茶碗のお点前は、
絶妙な湯相のほっこりする一服なのでした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 20:00 | TrackBack(0) | お茶

2016年12月25日

クリスマスの音楽に招待

20世紀人類は、兵器開発に天文学的予算を投入し、
戦場は最新科学の実験場となり、
戦争が科学を飛躍的に進歩させてきた。

21世紀その際限なき人類の欲望は留まることを知らず、
ますます科学が戦争の悲劇を拡大してゆく。

昨今、世の中はグローバルネットワークの時代に逆行して
外国人を排斥する風潮が増してきている。

でも人類に必要なのは、人の気持ちの温かみであり、
自分と違う考えを理解する寛容だ。

それは普段の生活でも建築の仕事でも同じ
普遍的な考えであると僕は想っている。

さて、この度クリスマスコンサートに招待する企画に
チェロで参加させて頂きました。

自分のつたない演奏でも皆とのアンサンブルで
音楽を届けることができたなら素敵なことだ。

ヴィヴァルディの四季「冬」は、ソロに合わせて
みんなが平和で幸せな日々でありますように
想いをチェロの響きに込めました。

最後に皆でサイレントナイトを合奏したんだけど、
宗教の枠を超えてみんなが団欒の夜を過ごせますように。

この素敵な機会を通して色んな方と歓談できたことが、
僕にとっての最高のクリスマスプレゼントなのでした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 20:55 | TrackBack(0) | 音楽

2016年12月16日

阿蘇現地視察

この度の熊本地震でお亡くなりになられた方々、
そのご遺族の皆様に対し謹んでお悔やみ申し上げますとともに
被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げます。

今回被災されたお施主様の住宅再建のために
現地視察に訪れました。

解体は市の公費解体を利用し、
現在仮設住宅にお住まいです。

洗濯機が外なのが不便ですが、
建替えの話ができることは希望です。

1481872109.jpgまず肥後一の宮の阿蘇神社にご挨拶。

紀元前創建の歴史ある神社は、
重要文化財の桜門や拝殿の倒壊した姿は痛々しかった。


地元の方は神社が犠牲になって自分たちをお守り下さったと。
身代わりになられた神様に心ばかりの奉賛をさせて頂き、
阿蘇の復興の象徴となる事を望みます。

現在解体のための足場が架かり、
使える木材はすべて丁寧に解体され再興されます。
ちなみに再建には10年20億かかるという。

さて、阿蘇市の大動脈国道57号線と
それに並行して走るJR豊肥線は土砂崩れで、

依然として復旧の目途が立っておらず、
遠回りの迂回路で渋滞が余儀なくされている。

1000回以上続いた余震がようやく落ち着いて
屋根等の修理依頼が殺到。

補助金が出るのだけど、期限が当初12月に切られ、
とてもこなせる数ではなく来年3月まで延期になったが、
それでも職人が足りず復旧は進まず、無期限になるのだとか。

こんな状況の中県外から悪徳業者がやってきて、
半日の日当が3万5千だと言って、しかたなく頼んだら
大学生のアルバイトを連れてくる始末。

困っている人を食い物にする輩が多いのだとか。

1481872082.jpg僕は信頼のできる工務店の方を
紹介してもらえて、
お施主さんとの顔つなぎもできた。

お施主さんに車で案内して頂くと、
常に山の頂きが平らな山並みがぐるっと
街を取り囲んでいる風景がある。


1481872140.jpgこの外輪山が取り囲む
巨大な円形広場のような阿蘇の街は、
広大な阿蘇カルデラそのもので、

火山噴出物が大量に噴出して、
地下のマグマだまりに空洞ができ、
地面が陥没したクレーターらしい。

火砕流や溶岩の大地に水が溜まり、
湖だった時代もある聖地のような場所だ。

1481872056.jpgその昔、阿蘇の街を取り囲む
外輪山が裾野の巨大な山が噴火して、
噴出物が長崎や佐賀まで飛び散った。

つまり阿蘇の山の噴火で
九州ができたくらいの
巨大な山の噴火だったという。

阿蘇は多孔質な岩石の地質から
ミネラル豊富な伏流水に恵まれ、
1500以上もの湧泉が分布している。

お施主さんの敷地もこの伏流水の恩恵を受けており、
被災しても水には不自由しなかったそうだ。

僕が泊まった民宿も蛇口からはすべて阿蘇の天然水だった。
伏流水で育まれた産地の食材は美味でした。

これから阿蘇地方の復興の一助となるように
取り組んでいきたいと思います。

負けんばい、熊本!


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活





posted by Koji at 16:05 | TrackBack(0) | 現場

2016年12月06日

casa grotta HP UP

久しぶりに完成後写真撮影ができましたので、
ホームページにアップしました。

これはシューズボックス型の3階建ての住居の内部を
全面改装したものです。

1480928986.jpg白いビニールクロスと既製品のドアがついた
物件だったけれど、

洞窟状の空間は、
やりようによっては魅力的なものになる。

壁を取り去り、照明・LANのハブ構築、
電磁波対策をしながら、

1480928745.jpg床はすべてリノリウム。
1階の壁・天井は桐、2階はレッドシダー。
ストーブ廻りは煉瓦。

レッドシダーは家具もすべて材木から挽いてもらい、
大工さんと一緒にプレーナー掛け、面取りをして
愛着をかけた材料だ。

この空間に山の精、山のスピリットを注ぎ、
樹の洞窟にしようというのが、そもそもの発想だった。

1480928891.jpgお施主さんの生活スタイルを
自らの文法で家具や内部造作を形にした。

この空間に薪ストーブを設置したのも
僕の提案なんだけど、

古代より家は母親の子宮を象っていて、
家の中にはかまどがあった。

1480929027.jpgローマ時代、洞窟は大地を母と敬う信仰から生まれ、
洞窟を母の胎内、命の源と見立てた。

ルネサンス時代、人々はキリスト教以前の時代は
おおらかで豊かだったのではないかと
古代の理想を探し始める。

ローマ時代のネロ皇帝の住居跡を掘ってみたら、
グロテスクの語源となった
グロッタ模様の世界が広がっていた。

1480928460.jpgルネサンスで人間解放が謳われてから
王侯貴族は競って、
古代の理想グロッタを作った。

ロシアのピョートル大帝も早速流行を取り入れ、
宮殿に自分の息抜きのための
秘密の場所を作らせた。

ペテルゴフのゴロッタはほぼ完全な形で残っている。

1480928502.jpg19世紀までは建築を作る時、
人は自然信仰の力を借りた。

自然を肯定し、人間も自然の一部であるという
グロッタの精神で作り上げた内部空間は
僕の仕事の魂です。

大地と繋がり、原始的な力を持つ素材たちが、
人の心を揺り動かす建築。

1480929745.jpgこの安らぎに満ちた
静謐なハーモニー、

自然と建築と人間が
融合した暮らしの中で

新しい喜びを
日々発見していくことを願って。

敬白。

司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活









posted by Koji at 12:57 | TrackBack(0) | 現場

2016年11月18日

現場は時間と空間を超える

紅く染まった山々を車窓から楽しみ、現場へ着くと

僕の愛する建築が美しい石積みを纏って、
大地の上で出迎えてくれた。

1479471510.jpgすっかりこの場所に
馴染んでいるように見える。

鳥たちが自分たちのために
世界が時間と空間を
用意しておいてくれたことへの

喜びと感謝を歌うように、

僕はこの感動の時空を胸に刻み、
地霊に感謝と引き続きの祝福をお願いした。

この石はある山で採れた貴重な石で、
今では採掘が禁止になっていて、
文字通り最後の石なのだそうだ。

1479471547.jpg貴重な石はこの建築がある限り
語り継がれることだろう。

そして石積み職人は有名な腕利きで、
ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、
世界中から呼ばれるとのこと。

彼の仕事は一日に一坪しか進まない。

場面場面で素敵な遊び心とリズムを取りながら
その場所に相応しい形の石を見付け出し、

時に加工し、形造っていった仕事の跡は
見る者を釘づけにする。

写真に収めたい衝動に駆られた僕の脚の上で
橙や黒のてんとう虫たちが、
羽根を広げたりしてずっと踊っている。

1479471577.jpg茶色がかったグレーの石。
窓廻りの造形イメージ。

素材の質と色でこの建築のクオリティが決まる。
色々お伝えしたけれど、

監督がこの職人を人の紹介を通じて
引っ張ってきてくれたことは、
思いがけない幸運な出来事だった。

シモサカサン、このデザインの発想は
精霊が降りてきたのか、と監督が聞いてきた。

それはどうかわからないけど、
この土地に立った時、
四角いグリッドじゃないって直感したことは確かだ。

1479471631.jpg建築はどうしても自然にはない
直線になるのだけれど、

幾何学で自然に少しでも
寄り添いたいと想っている。

この図面を見た時、今まで見たことのない
面白そうな建築だと思ったけど、

いざ施工してみると大変で逃げたくなった、
と笑いながら語る監督の表情は
前回よりも緩んでいる。

監督は続けた。
この建築が完成したらたぶん
シモサカサンと同じ気持ちを味わえると思う。

まだまだ内装、建具、設備、家具と来年まで現場は続きます。

1479471681.jpg図面を読み切れていない部分を
再度説明したり、
ひとつだけ手直しもお願いした。

浴室の壁、浴槽廻り、床のスノコも図面通り
クレームを恐れず木でやってほしいこと。

ストーブの煙突の施工、キッチンの屋根排気、
トップライトの通気ガラリ、建具と硝子、
マーモリウムの施工、家具の共通納まり。。。

色々お伝えして、完成は楽しみだけど、
早く終わってしまうと淋しくなる、
そんな現場をあとにしたのでした。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活










posted by Koji at 21:23 | TrackBack(0) | 現場

2016年11月15日

竣工の火入れ式

現場は養生シートを撤去し掃除をして、
カーテンを取り付けました。

レースのカーテンは、
電磁波シールドカーテンになっています。

現在製作中の椅子等納品が残りましたが、
お施主さまは、遊び心のある家具や全体の調和と色遣いを
大変気に入って下さいました。

1479129432.jpg街の木々が色づきはじめた秋の日、
無事竣工を迎え、
薪ストーブの火入れ式を行いました。

お施主さまに記念すべき点火をして頂き、
火のある生活の幕開けです。

暖炉屋さんも絶賛の
床強度と壁の防火構造、

そして断熱材の入った二重煙突で
施工した薪ストーブは、

木もガスも煙もちゃんと燃えている
素直な炎を見せてくれました。

優しく暖めてくれる熱を身体に感じ、
揺らめく炎を眺めていると話が弾みます。

1479129348.jpg人類は新石器時代に家の中に炉を作った。

これこそ失われつつある民家に続いた
人が住む家の本質です。

自然と人間の文化が合わさる場所で
美しい炎を熾す美学。

人間のキリなき欲望と歴史や自然を無視して、
効率のみを追求する資本主義経済の行き詰まりと同様に

ここまでやるかという便利な家電や
空調さえあればいいという発想の家では、

人としての生活の温かみや心の豊かさを育む
本来の家の本質からかけ離れてしまっています。

1479129396.jpg太陽エネルギーによって育まれた
木と人が

大地の上で
本性のままに融合する。

この哲学を
これからも形にしていきたいと想う。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活



posted by Koji at 00:01 | TrackBack(0) | 現場

2016年11月11日

感動の無伴奏チェロ

初めてアリサ・ワイラースタインの
無伴奏チェロリサイタルに足を運びましたが、
感動がいつまでも続いています!

前から4列目の席で、
最初の美しい生の音色を直接身体に浴びて
たちまち演奏に引き込まれました。

超絶技巧もさることながら、
基本的な音が美しい。

使用楽器はドメニコ・モンタニャーナとのことだけど、
熟練したボーイングの技術あっての音色だ。

終始涙が出そうな感動で、
演奏者の発するエネルギーだろうか、

20世紀の作曲家の作品では
チェロで表現できる最大限の魅力的な世界を堪能し、

バッハも情熱的かつ内省的に
チェロと一体化した音楽が会場に紬ぎ出され、

素敵なひと時を魂に刻んだ。

音楽を通して人は人のための
特別な時間と空間を作り出す。

銃弾の飛び交う中で最後まで演奏活動をやめず、
ファシズムに抵抗し続けたパウ・カザルスが思い浮かんだ。

13歳のカザルスは埃にまみれた
バッハの無伴奏チェロ組曲の楽譜を古書店で見つける。

彼は奏法を改革し、チェロを歌う楽器にした。

1479208690.jpgアンコールは2曲
バッハを聴かせてくれた。

バッハの音楽は時間と空間を超える。

チェロ1本での
深く豊かな表現力。


感動を与える音楽は、観客に訴えかける
人間力なんだと思う。

演奏終焉後のサイン会での
自分の順番の間、

僕は英語で感動を伝え続けた。


司建築工房

♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
 大地の樹木 本物の素材 火のある生活










posted by Koji at 22:45 | TrackBack(0) | 音楽